2014年08月18日

美しい人生

夏の夜、食べるご飯だけだろう、軽い布靴に着替えて、夕日の夕日のうちに、から一日最後の旅。夜の西山にひときわ美しい押し。行く人が多いので、途中で堂々として、絶えず、ラジオを聴いている老人を持っても<kung fu hong kong、三三五五の若い人には、食後の運動の一家に、多くの私のように純粋に酸素吸入をすごし単行客、たくさんの美名を慕って来自駕遊者。だから、道中は清浄、独自の思考の時の会話や通行人を引きつけられる中断。というよりは一人旅という場に自覚のない町中パーティー。
山の素晴らしい環境で、緑の草となり、木立が入り乱れて古寺、人文の気持ちを游赏添え。かすかに聞こえてくると読経の声を持って、1種の古風で質樸な息吹、人のよう隔世之感。山の奥へ行けば行く、空気がますます清新で、草木の香りに届く肺肝、思わず欲張り深呼吸をして、更に深呼吸。こんな透人心肺の空気で今の大部分の都市の工業の発展、雾霾重い影の下で、実にせっかくの饗宴。身を置く荫翳涼しい空気の中、ふと感じする人も、昼の繁雑瑣事をすべて山の麓には、剥離。
私は毎旅と乳泉井戸は、夜遊び最高のゴール。「署に直が磐石座って、喉が渇いたから弔瓢掬」行山の人は、多くが掛かっているせいに2つの空き瓶から山の水が素晴らしく、そして取水次第で個人の意思がない約束。疲れた方凳石機、のどが渇いては泉の水、せっかく自在!清冽甘い泉をポットに、頭をもたげて飲み尽くして、1筋の涼溜飲を下げる。という桂平特有の乳泉酒はその水を取って、私は食べたことがありませんが、水と食感れる酒好きで、悪くはない。泉の水がさらさら、為替で成溪て蛇行細長い人工ルート疾走直下、転機が訪れる所、ぶつかって雑生の怪石に涼しい様子が鳴って、琮璔声を、より乐更胜と糸竹のように。月のない夜、山間部、樹林ようカバーは、巨大なブルーグレーガーゼで、早めに眠り。ただ風は起きている、それがそっと撫でると、そのもののざわめき。古い松サラサラと音をたて、浸潤した仏教の住民の心の鳥獣と共に、山奥の幽眠奏でるセレナーデ。人が近づくと、鳥獣を受けて停滯騒がせわけでもない、それはすべて早く予想は、結局、それらが本当の主な山林。
雑談して、听松音、流れを聞き、聞く蝉は人もゆらりまたたく間に、魂離脱した山水牽引され、昼間の上調子の上昇に別の1種の境界。この境地に、深く、自省も、懐かしい。この時もよく、昔読んだ詩文に突入しそう言葉を頭の中にまじる、とけ合って、目の前にして生きてきた情景、現た形になり、見ることができ、感、触れるものに出会った出会いの場。蘭亭の会、曲水の宴、歓談奥ゆかしい感情で悟る老荘「生死、斉彭若死」の偽り、透徹する生死の秘密は、晋人王羲之の哲学。秋夜宴泳ぎ、感嘆韶華のはかなさ、「夫の天地は万物の逆旅、光陰は百代の旅人」に、年月はちょうどこれは渋滯行けず、、盛唐人李白の哲学、山中雨でmatrix mini-i pro、竹杖芒鞋「簑霧雨任平生」、知っても道は行きにくい、私は悠々と、これは当時宋国蘇軾の哲学。集会、宴旅行、歩いて、どんな形で、総欠かせない諷詠、それぞれ編みの文字の中で思想の火種を殘して。古人に舒のうなり、臨流諷詠、すべてまるで遠くないが、悠久の時の流れの中で、すでに万物流転、千百年を隔てて。歳月を一つ一つ明日が今日は、昨日、過去を踏んで無数の离合悲欢;また、満ち欠け、思い切り、独自に帰って、殘るという歴史のもの。
この長い歴史の中で、偉大な発明、高貴な皇帝・、才能豊かな学生の文人。人が、物に、共同織は燦若星河の華夏文明。この重厚な歴史に直面して、人は九牛の一毛、小さな、小さな、目立たない。道理は分かりやすいが、実行するのは難しい。アズ・アイ・アム輩も避けられない、もがき、俗世に絡む、感情に左右。偽りの夢を見ているのかもしれない、例えば事業、例えば旅行、例えば誘惑に満ちた別の生活。しかし吾生が涯。お知らせ光陰のはかなさ、ただ黙々として奮闘して、やっとそぞろ無為;知道の困難は、着実に、やっとを踏み外して転倒;知盈虚の数は、突然の出来事にこそ、悠々と、ある人生の楽観的な姿勢を保つOffice Furniture Hong Kong
から而立、不惑天命を知るには、以上の己は届かない過程。人生のごく短い数十年、倏忽だけ。余所の生活も十分に羨ましいけど、ここでの生活は生命の意義を見つけて。体と心を、現実と夢を共にするここで、今、十二分の精神に打ち込んで今の生活を書き出してこそ、美しい人生。


同じカテゴリー(笑顔相見)の記事画像
彼らも美しかった
彼女はあなた
愛情を追求した
時間の問題に
「人は感慨深い
真美!でも彼女の
同じカテゴリー(笑顔相見)の記事
 自分が遅い (2015-12-10 17:58)
 つくしが俺に何をくれたの (2015-09-02 16:12)
 その時もやけに日差しが強くて (2015-08-11 15:57)
 彼らも美しかった (2015-07-22 12:42)
 歳月の奥のその (2015-06-09 12:21)
 彼女はあなた (2015-04-16 18:03)

Posted by 浪漫刺客 at 17:07 │笑顔相見

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客