2014年01月15日

私の夢が葉うでしょう


私はいつも自分に聞いていくつかの奇妙な問題、そしてこれらの問題の窮地に追いやる。例えば、夢と現実、どちらがもっと真実?この類の問題がいつも憎み、それは私自身がよくなって困窮している。

夢の中で、私は歩いて一面の半荒らしの森の中で、夕方の湿気がすでにだんだん根や草むらから立ち昇る立ちこめる一面、無辺の霧。私はゴールは見えない、私はただ着累累の霧、たまに触れる霧の枝が殘されて、すぐに手を伸ばし掴んだ、静謐な週囲からこぼれる。私は一人だけが、私は恐怖。徐々に、私一枚開け地帯まで歩いて、隣の土山発見に洞穴で願景村 退費無人、クモは穴がびっしりと編みの極秘の網を隔てて洞窟と他の生物との接触。私は半依土山で座って、壁の理由もなく発見を小枝を塗った部分、上にほこりがそびえ立って、ほこりの隙間に広げた一枚の葉。私は思っていてそれにそびえ立つ木の様子。夢の中で、私は勇敢に真実を幻想し、断固として自分の天国。

で、現実の中で、私はただの卑しい人。空気みたいに一粒の塵は太陽の光の中で往復は布局にジャンプして、自分を変えたくない。幻想を堅持し、忘れて。ずっとずっと謙虚に生きて。たとえば、私は家庭の主婦のように、スーパーで買って安いの野菜、ぶうぶうを促す子供早く食べてから宿題を書いて、私も轻言细语に子供をあやす寝ると彼の額に無断で印に一枚のキス康泰領隊、私は毎月時間どおりに行っ後ろのプロパティ交あれらの雑費、私隣の臭いも嫌住宅溝にまき散らす胸がむかつく匂い、私も時々は道端の屋台に車を買って、ごちそうを食べよ臭豆腐。私の要求は高くなくて、甚だしきに至っては低にほこりの中に。私はかつて嫌いが死んだという生活、こんな平凡な自分。このままでは、時間は私を粉状に一粒老婆、生活の些細な苦難になって猫背。最も重要なのは私が何も考えてなかった抗争のような生活、しかもわたしは順序に暮らして。時間は自発的に、私は受動。亡くなった年月は私に教えて、すべて抵抗も無効。私は実はこんな自分不忍見てごまかす。

私は永遠に知らないどれだけが本当の自分。現実の中で私は生きているのかもしれないのに。しかし夢の中で、私の魂は高くて、空中を見下ろしているあの熟睡の自分。それを彼女に変えることができる、それは彼女のためにあの道を敷いて、ゆっくりと彼女を待っていて、たとえでこぼこで、たとえ溝は林立して、それはゴールを待って、たとえ一万年康泰旅行社。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:19物語

2014年01月08日

あか好きに行きたいのですが

ぼしゅん、落花流水次第で、春に行って、青情をもたれる東風来なくても、しこり空路无着ヵ所だ。

まばらな雨丝、晩春緑中流歩いて、氤氲果てし晩春の悲しさを覆っていて、春に最善を尽くした美人には,以崭老、散る両亡人や知らなかったのだ。

私は、雨の中、拈されての花びら、歳月が上に残した大道理用のスクラッチを失ったと、昔の吹き込みますして、土を免れた成尘。

ぼしゅん烟雨の中で、私は傘をひったくるように油纸伞、歩く、曲がりくねっ細道に、思いが引かれて悠远を永远に続くものだ。

何度も、毎年の春季節になると、私はいずれも、雨の中で体得逝春で読んで春の頭の中は、かつて浅い绿に明媚な赤くて、私の心の中でかれ几多(持ち味でありながらも、はつらつとした春景、人は絵の中へ行けば、絵は水が流れている春韵中流、私の心には速い无限の希望と夢を育んでいた。

今、青く煙る下の晩春季節になると、无限の緑がごうごうというだけが流れ、その明媚の芳しさをしたにもかかわらず、隠遁しました。似たようなもので、春ワリンゴ。日が消魂へ行って、花谢花飛びっぽくレッド消香断あわれ、忍见麗しい几时老、香消玉[伴花残だ。

雨は微暇もない、沿道の公园であやめの开いたフルスイングなきゃ、紫のではないが、この晩春時分に倒れに何分があでやかに来て、道端で、片片花弁がたまっており、隙が微かの光の中で,姿にいくらか残った明るい茶髪に入りが、风が吹くと、あたりをつっきって、またこつこつ隠に行きたいのですが。

远くに、漆黒のような青黛墨山が、かすかにはにまつわるてばらばらになった霧の中で、私の目の前ででもあるかのように江南(カンナム)の渋々、江波に乗せてくれ、孤舟行者物寂しいの国民感情と/春の所望、四人の変动幅、岸辺は翠柳飞煙、清竹に注意し、花が褪せて残赤くて、山の枝が、綿が少なかったが、飞鸟飛んでいくと、そこには隙间ができなかった」と話した柳竹首筋から震える指先にいくらか枝。

贵方世影、歳月は速く染め塵、夕暮れの春に行って、几多(もの悲しい一夜烟雨の都市に半臥寝て、挑灯交わった半おぼろ夜烛レッド影袂私忧したり、微睡んねだって袂発盈袖だった。

あか好きに行き、しこり空路无着ヵ所で、私はため息を一つつい浮き沈みをとおりすぎて春へ行って、じっと眸眺意を探して、やっと东流水脱ぎ捨てると密接に朝朝暮暮)はどれですか。

美人よりも消えぬ数倍にうやむやになってやるぞ、美人の世の中の零尘、最も苦は春に最善を尽くした別れ、微雨斜陽を烟柳断肠ヵ所だ。

春はいつも短い人生で最も美しい散った時と同じように、来ない悟へ行って、「かんの断肠のを見ている途中、一片凋み落ちて、あれらの年に爱していた人を、今まで歩いてきた道があって、れるにしても、この雨のなかを、拈落花しちりに出没しているのか分からないどうふう

/ 10周年/ある人の春、私たち、春、未練も思春ものに素敌な时间になった場合、正当な若さで、あなたはきっと时间を大切にし、この時になる辉きは、悲しみが、よりは明るい笑い声がとんで青空は、失意、これよりは「エンデバー」、1春の朝だった。

それらの純粋な爱は、純粋の忧え悲しみ、纯粋な喜び、純粋な曲だけ愚かにだってできることは奇妙に複雑な世の中に純粋なを持たなくて何の欠陥の美しいのですか?

あか好きに行き、しこり空路无着ヵ所、美人に年老いていく刹那芳华、青春远走帰しないことも、どこから嗟叹人生、唯一のないように大切にして春に住んでいるから目を背け、急いで……
  


Posted by 浪漫刺客 at 11:19物語
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客