2014年05月30日

結婚初期

朝風清楚なさわやかに揺れ動いてゆく歳月のスカートが小雨の恐れなどの洗いつかの間の風塵。霧は空に引き取らひとひらの雲の洗濯をする、トスが林間懐、しばらく翻って、しばらく流れ行く、まるで空の仙女こっそり天下り、彼女を探して千年前に人間界で出逢った恋人。
好きでこんな雨季空想、あれらの雨は空が悲しarmani sunglasses saleいとき排水の涙も、うっかりこぼれた茗茶向け。あるいは観音菩薩玉净ボトルをこぼした甘露、不意に舞い落ちる。
雨の中で一人を好き、心を静めて聞いて、心を静めて鑑賞して、聴いていて雨が傘に跳ねるしなやかな脈拍、たまに盗み見する街の人や物。他人にははっきりと見えないでの、これはどんなに気楽な雨の中を歩く。
そんな梅雨がもっと好きあなたと一緒に出かける。私たちは中学校のクラスメート、在学中にも言ったが、数年後に友達の家で偶然再会、縁はそんなに得も言われぬ時に、その最初の出会いは私達の愛情の幕が開いた。私たちはしばしば雨中漫歩するながら、雨の音を聞いていながら、誘導でお互いの動悸の音。
忘れては下雨の夜に、あなたが電話した知っている私は風邪を引いて、すぐに雨合羽を着てオートバイの出現は私の前で。元フワフワの郭富城式の流海、あなたの額に腹ばいになって、波に翻弄される衝撃砂の水草気落ちして垂らしている雨。あなたの顔の水玉照明の下で輝くきらきらと透明な光、光のような笑顔はもっと輝いてた。あなたは私に行かないで薬を買って食べて、わざわざ私の風邪薬を送って。私が笑ってあなたは馬鹿、私はただ恐らく風邪はまだ良くありませんて、あなたも風邪を引く。実は心の中はいっぱいの感動、そしてあなたのかわいがること。その時私は昼間出勤して、あなたはすべての夜が来て私に付き添って中學數學練習散歩を買って袋の間食、公園の一角に座って話しながら食べて。私が特に好きなハートの水晶の恋ゼリーを買って、感じの愛情は水晶の恋ゼリーの味、いろいろな香りが、甘い、やわらかい。
感情のブームになるにつれて、順調なへ結婚ホール。結婚初期、我々はまだ甘い甘い、私は雨の日はいつもと一緒に散歩して、あなたは私に付き添っているマメの傘の下で抱き合って。私達を聞いて言ってくれる雨、雨の音、嗒嘀嗒傘に私たちの愛情を伴奏。
一人の雨の中を歩くのは1種の遊びの方、二人の雨の中を歩くのは1種の幸福、前提は好きな人と一緒に傘をさす。覚えてないのはどれくらいないあなたと雨の中共同じ傘、よく懐かしい婚前のロマン。どんな年齢では、女性の心の奥にも殘されている少女時代のロマンチックな気持ち。男は結婚生活の圧力がちだ、仕事のプレッシャー、多くの男もない婚前閑雲野鶴。時間が行って友達と会い、あとの時間はむしろソファでテレビを見たり、ベッドに横になって寝てか、あまり一緒に散歩に行く。そこで、多くの夫婦の仲は平板です水のようです。
私たちの生活もになっていく1杯の白湯。たまにはいくつかの細部に感動し、毎回肉を食べる時、あなたも知っている私は脂身を食べない、どのみち赤身の肉を挟んで私に。もし挑ないひとつの全赤身、あなたが一枚肉の脂身を食べられ、赤身の私に殘しておく。もう慣れましたが、私はあなたに怒るの時に思い出して、釈然としましたGEM blog。  


Posted by 浪漫刺客 at 11:20ーの味
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客