2015年12月10日

自分が遅い

週末に起きて、もともと階下に朝ごはんを食べて、野菜を買って、ショッピング、美容、山に登って、また帰ってインターネットを利用して、書道、書くスレ、部屋の掃除、見て好きなテレビ、効率を向上させるために、途中でも織り込むこと。そうしたら、生活スケジュールがいっぱい。もう思えば、いや、こんなリズムと出勤でどこが違うが、更に取り込み。私は自分に注意してゆっくりやる。
そこで、私は階下に朝食を習慣を変えて、私服、冷蔵庫に卵を取り出し、トマト、自分でラーメン、そしてテレビをつけたまま、漫然と娯楽番組を見ていて。食後、1杯のお茶を浸して、おもむろにようカップのお茶、お茶を水中での上下の浮き瀋み、茶ガスゆん韻、ゆっくりと離れ完全底に瀋むまでお茶、お茶冷温。もう端からカップ細い品、その口のお茶を味わい、すぐ感じ、これこそ味わうようで生活。心が瀋殿した多くの、心も落ち着いた。
ご飯食べて、お茶を飲んで、休みもほぼ終わり、近くの理髪店に入ってから、静かに美容師のサービスを楽しむ過程、もう昔のように催促の理髪師のリズムで、急いで乾燥しない。かに終わって出した後に、時間もない私が考えているほど速くて、私を変えた登山の計画は、ゆっくり歩いて近くのレジャーの地昙华林を感じたくて、あの吃茶店で漂う香りが遅い時間、その店の遅いを渡し、そして濃い芸術フェン週囲の画廊。この本の通りで、ちょうど見店が掛かっているとても適する私今日リズムの話は本を読んで無字;一つお茶飲んで無味、歌を聞いて無韻;午後ダルそうな日差しの下、窓に寄りかかって座り込んで、入る壷閑茶時間は静かに問わず、独享このひとときの寂しさと冴え、日の出から日の入りまで。が映ったの私の気持ちを、特に楽しい。私はここで店は午前11時ちょっと、小さな店を開いていないが、戸板に書いてある「店主はとても怠惰で、午後ご歓迎」。どうやら、これは最もいい加減な商売人。  


Posted by 浪漫刺客 at 17:58笑顔相見

2015年09月02日

つくしが俺に何をくれたの

花沢邸

「類様、汗かかれてますね…着替えましょう。」

「あれ?はな枝どうしたの?つくしは?」

「ちゃんと西門様につくし様の事をお願いして来ましたので大丈夫でございます。」

「・・・つくしは総二郎がいれば大丈夫だね・・・。」

「類様、兎に角今はお熱を下げなければ・・・。」

「いいよ、別に俺が熱で倒れても誰も心配はしない・・・。」

「そんな事はございません。つくし様が悲しまれますよ。」

「つくしが?そんな訳無いよ・・・。つくしは総二郎が好きなんでしょう?」

「つくし様がお好きなのは・・・。私の口からは言えませんが・・・。
つくし様からお預かりしたものがございます。」

「何?つくしが俺に何をくれたの?」

「何でも手作りのゼリーのようですよ。Wedding Master今日つくし様がお作りになったそうです。」

「見たい。持って来て。」

「では汗を拭いてお着替えしたら持って来ましょう。丁度良く冷えてる頃だと思います。」

類ははな枝の言う通りに着替えた。そして子供の様に楽しみに
つくしのゼリーを待っていた。

トレーに乗せられたゼリーはつくしがはな枝に、渡したままの箱に入っていた。
その隣にスプーンとお皿が乗せられていた。

「類様こちらでございます。どうぞ!」

「うんありがとう。」

箱を類が開けるとゼリーの器が5個

その上に和紙で折った折り鶴とそれに何か書いてあった。

「早く良くなってね。 つくし」

類は凄く嬉しい気持ちになった。
箱の中のゼリーは金魚鉢で泳ぐ金魚と水中花のような
花をあしらったゼリー。類はその可愛さに思わず見入っていた。
さっきまでの昏い顔が一気に明るい顔になっている。
不思議なものだ・・・。類様はご両親がお忙しい為に幼少の頃から人に
興味を全く示さずにいつもこの邸で一人心を壊してしまっていた。
司様、あきら様、総二郎様、そして静様だけが唯一話せる友達だった。

「ねぇ、はな枝これ可愛いし綺麗だね。」

「はい、とても・・それに美味しそうですね。」

「うん・・でも食べると無くなっちゃうね。」

「大丈夫ですよ、つくし様がまた作ってくださいます。お食べになりますか?」

「うん。食べてみる。」

「では、お取りしましょう。」

お皿に乗せたゼリーを愛しそうに眺める類
そして、スプーンですくって口に入れた。

「冷たくて甘くて、美味しい・・・。」
それをはな枝は微笑んで見ていた。

このままでは、類様は勘違いをしてしまう・・・。つくし様は辛い気持ちで
類様を諦めてしまう。このお二人はきっと恋してるお互いを必要としてるのだ。
どうにかして、つくし様の気持ちを類様に伝えて差し上げたい。
はな枝はそう思っていた。  


Posted by 浪漫刺客 at 16:12笑顔相見

2015年08月25日

満員電車の朝

こんな大移動、よくも毎日繰り返しているものだと、纖瘦店 都内の地下鉄に乗って思った。田舎に暮らし、満員電車に乗る機会の少ない僕は、毎度そのスケールに驚く。

ホームと電車、ギリギリの隙間に並ぶ警備員。白と黒だけの衣装。それらが混ざり合い、ざわざわとした音しか聞こえない空間を、各々が黙々と泳ぐ。


草食動物のように皆、同じ方向へと進み、その無表情には怒りさえ湛えてているようにもみえる。

同調圧力。1㎜たりとも、はみ出すことを許さない。静かなモノクロの、DR REBORN労働人間だけの、ベルトコンベヤーみたいな社会がそこにはある。

満員電車の中では、負のエネルギーを交換し合い、貯め込む人もいれば、どこかで誰かを傷つけて発散する人もいる。そもそも、人が多く集まりすぎている…。

そんなことを考えていると、僕もそのうちの一人ではないかと、圧力に押しつぶされている自分に気が付く。やはり、真っ暗なトンネルよりも、深い緑が過ぎていく景色のほうが性に合うと感じた。

明日もまた都会では、同じ景色が流れていくのだろうDR REBORN。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:55

2015年08月11日

その時もやけに日差しが強くて

最近あの時のわたしをぶんなぐってやりたいと思うことがままある。もちろん痛いのはいやだから綿菓子とかで。
その日三人は省吾のベッドで、一人は床で眠っていた。DR REBORN完全に眠るタイミングを見失った私たち二人は、横になってひたすらぽつぽつと会話を交わしながら互いのバイトの時間まで目をこすっていた。

私の、おなかすいた。という声が思ったより部屋に響いて、ベッドで眠っていた文美がもぞりと動いた頃、時計の針は確か6時45分を指していた。

省吾はよごれたまな板とフライパンを軽く洗って、冷蔵庫から玉ねぎと、ピーマンと、ひき肉を取り出した。台所はひどく散らかっていて、出し忘れたゴミ袋がそのままになっていた。綺麗好きの彼女は作れないだろうなあ。私はへいきだけど。彼は一週間ほど前にフラれている。

味見にと小皿に少し取り分けられた野菜炒めはやけに玉ねぎが多くて、ひき肉は少し見え隠れする程度だった。後でわかったことだけれど、玉ねぎとピーマンは賞味期限が切れていた。省吾にもあーんしてあげると、玉ねぎ邪魔だなあと笑ったので、私もあはあ、と笑った。
散々食べて飲んでしたアトがありありと残るテーブルの上に、野菜炒め、皿とグラス二つ、エクセルシオールのパン。
パンの中身を聞くと、ツナとチーズだという。ツナは大の苦手だったけれど、むりやりに喉に押し込むと案外いけた。わたしの場合、追い込まれて食べた食わず嫌いだったものは、後々すきなものになる。DR REBORNたとえばサマーランドでミーナのお姉さんから食べさせられたマヨネーズ。ミーナのお姉さんはすごく美人でスタイルが良いものだから、本当にどきどきした。ミーナのことを少し思い出して、ツナを飲み込んだ。大きく喉が鳴った。

寝てる四人に伝言を書いて、省吾の家をでた。無遠慮に飛び込んでくる朝日が目にしみて、しばらく二人でいたいいたいと騒ぎながら、まだ静かな住宅街を歩いた。途中スーパーに寄ってペットボトルのお茶を買った。わたしの分は奢ってくれた。駅に着くと猛スピードで走るタクシーがいて、省吾は、荻窪のタクシーは運転が荒いんだよ、と顔をしかめた。頭の中にある一度はやってみたいことリストの中に、タクシーの運転手に地平線の彼方まで、と言うことがある。ベタ中のベタだ。わたしは黄色いタクシーが好き。

電車で、わたしの向かいの椅子には義足の女の子が座っていた。女の子がスニッカーズを食べ始めたので、わたしはそれをずっと見ていた。電車の中で省吾は眠ってしまったので、新宿に着いたと同時に起こしてやった。省吾はわたしにお礼を言ってから、一度ばちんと頬を叩いて降りた。外の日差しは強く、照り返しが目にささってわたしは眉間にしわを寄せた。わたしは御茶ノ水で乗り換えるはずが、いつの間にか寝てしまい、結局バイトには間に合わなかった。義足の女の子はどこで降りたのだろう、と少し気になったが、どうにもわからなかった。

波崎とコンビニに入った時、なんとはなしにツナマヨおにぎりを買った。あれ、おまえツナ食えたっけ。珍しく見開かれた波崎の目とぶつかる。食えないよ。わたしは、一口かじったツナマヨおにぎりをゴミ箱に捨てた。その時もやけに日差しが強くて、まぶたがじりじりと焼けるように熱かったDR REBORN。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:57笑顔相見

2015年07月22日

彼らも美しかった

この繁華雑踏の大都市では、人々の多くは急いで行かないだけ、単位は単位の路上で、人は足を止めて、週りの美。
北京に来てもう一年半、この都市を知っているつもりで、Laser Hair Removal深刻な雾霾天気、駅や地下鉄である障害者の乞食もその姿に、道を慌ただしく姿、この町は親心、愛情がなくて、あるのは激しい競争争、殘酷なトーナメント制本と思うのはそう思って、しかし最後に発見して私が間違っていた。
週末と学友はアメリカ図本を読んで、昼ごはんの場所が押し合いをして、私はクラスメートとは冷凍庫に入れてアイスクリームの食事、形になって坂の冷凍庫表面は難しい1部の丼立でかかとに断って、案の定、学友がティッシュを持って茶碗、丼はパンの全てを地の上で、私は二人は顔を見合わせ驚愕、私はすぐにその身を買うと1碗、倒れたはいいから、自人が片付けて、私と彼女を勧めた。

私のクラスメートは箸でご飯を入れて碗の中で、ごみの桶に投げ込み、ほぼ全体の掃除され、ボスられなく、起き上がりに来て私とクラスメートにを泣かさないで、まだ食べていませんでしょう、DR REBORNもうあなたにすることができます1碗の、当時私は驚いて、感嘆:こんなにいい。しかし注意深く考えてみて、学友を片付けなければ、彼女を直接再度注文;あるいは私たちから立ち去る、ほかのところに食事も同じように、ここはこんなに混んだから、料理は安くない。。しかし、私たちは、学生自らこぼれ落ち料理を入れ、ゴミ箱に。この上調子な都市、私に感染しても、感染したボス、俺は彼女を勧め収拾しないで、お客は神様の言い方で、本当に恥ずかしい。
そしてバスの駅のそばに道を尋ねるのおばさんは、少し時間を犠牲にして道を明示して、彼女はどんなに満足なことだね、大雨に同行する時、傘を手伝って濡れた通行人を雨水はどうでしょう、ときに老人が転んで、この見知らぬ都市扶をまた何てことないでしょう。私たちはほとんど外で漂流し、手を差し伸べても需要別人を、それはなぜ自分たちはこんなひとペアの美しさを発見する目ですか?
ほら、あの靑い空に浮かぶ雲がいくら美しい;聞いて、その母が教導子女の声なんと親切ですね。また遠くに漂ってくるのが桜の味、おいしそうですね!足を止めだけを見て、身の回りの人あるいは物、彼らも美しかった、ただ、それらはあなたを必要とひとペアDR REBORNの美しさを発見する目。  


Posted by 浪漫刺客 at 12:42笑顔相見

2015年06月09日

歳月の奥のその

雨后初晴、日光疎し薄くて、蛙の声となり、蝶舞芳菲、美しくて、総山水の間。ポリ神ひとみを凝らす、喜びは結局は心のあの場所に到着した柔らかい。いっしょに諂い、緑の衝突があふれ、Home decoration水色で誘発心酔嫣紅入目鼻立ち、静寂は絵のようで、一緒に出会って、花が軽い風ぴいぴい、鳥語、歌って、蝶は優柔。ロマンチックに;道歩いて日光、打点袋、心が飛ぶ;道山水、曲径通幽、流水ぱちゃぱちゃ心桃源、何処で香りいっぱい径?
歩くのが最も急にいつも最も美しい風景が、あまりにも多くのすばらしいもので、いつもいつも一筋の煙が、水のような年に漂う。はいつもあれらの小刻みな念、光陰に軽い。撚り墨香指1文字で羅列懐かしみ、指先で考え事を重ね、小雨の風、明月花影さんに沁心たり、、美しいだけでは、一部に出会った。
歳月の中に数え切れないほどの歓声、苦い辛い酸は甘くて、人生は見きれない風景万、離合悲喜。派手なもの、すべてのされている、慌ただしくて過ぎて歳月の中で瀋殿。静かな水のようです、Business Centre in Hong Kong波瀾は驚かしませ;幽然静かで、淡い雲煙;暗香まだ遠い事が脾臓。
ゆっくりと、慣れた。慣れた変転浮瀋、離合悲喜;ゆっくり慣れた人で歩いて、茶は涼しくて、曲終人散;徐々に慣れた花が咲く花が期で、人と人、自由に慣れた静守輪廻、時々追憶。歳月の奥のその程山水、嫣然花彫刻絵、たおやか成景、感動していて、幸せになっている。
夏花絢爛、優雅凝香、草と花が溢れ、程よい濃くない、心の底の最も柔軟なところに触れる。程山水、赤肥緑の痩せた蝶蝉虫枝と葉の間にひらひらする、という、清水碧荷映長い日、心が懸念する暖万;歳月、虹が入り乱れて風雨の後に、沁心明媚無言の秋、割れて波蓮影一振り返って見て、にっこり無離愁。瀋黙を守る夏静かで良いMedilase!  


Posted by 浪漫刺客 at 12:21笑顔相見

2015年05月19日

できないで、ここに

しなやかな喜びのオーディオから流れてくる音楽に伴って午後と淡い陽射しのお茶、浸潤している私の乾いた喉や乱雑な思い。そこで、私はまた思わずコンピュータを開けて、引き続きぱちぱちとに硬くキーを打つ。
初春の時、1度の太陽雪。ただ、Wedding Planning俺が夏のような時、触れて美しい虹。太陽は厚い雲に露出して、雪は暖かい日差しの中をそっとダンス。ガチョウの羽のように雪が空から漂ってきて、地に落ちたらすぐ溶けて、乾燥した空気の中にいっぱいしみこんで湿った雪解け水。
あなたは太陽に雪、感慨に言って、生命は長さ。
また首を振り、いや、生命は幅。
私は笑って、生命の長さもだけではなく、だけではなく幅は、面積は、長さと幅の積が最も合理的な。
あなたが笑って、ハッハッ、悪くない、悪くない。
この文字ゲームです。
その日、私は電話のときは、今、外は雪が大きい。
あなたは、まさか、外は雪はまだですか?
信じない、你看。
できないで、ここに<香港離島遊
ああですか?!できないでしょう。
これでやっと遠く離れていて?!つまり2ブロックだろう。
ほほほ。日の出は東西方の雨、論点は無晴れは晴れ。
私たちはずっと歩いて愛の縁。たぶん私はずっとあのいくつの字を出す勇気。恐れない愛ではなく、あなたを恐れて断る。
去年の冬休みの時、私はあなたに聞く、卒業してから、きっとあの座遥か南の都市ですか?
あなたは、だから……
私は、そこがいいです。実は私の心の中の本当の考えはそう君は相変わらずは私までとても遠くて、遠い。
今年家に帰って、あなたはあなたが今回の大学院の試験するのがよくないつもりも、オーストラリアに行って大学院生。
私はびっくりして、あるいはもっと正確に言うと、あれは1種のサプライズ。
そこで、待って大学院受験の成績の日に、私は他の人の大学院受験希望が成功した時、私は心から、あなたのオンライン。これは1種の複雑な気持ちと変な考え。  


Posted by 浪漫刺客 at 20:28无言微笑

2015年04月16日

彼女はあなた

実は、あなたは間違った、時には、あなたのものを必要としての心臓は距離のInterior decoration。私達のように立って柔らかい砂浜に直面して、両手であの一面のない抱きしめ海なら、必ず目を見張る、いつも言葉をスケッチその奥深い言葉明らかにそれのあの謎へ。もしあなたの水槽に入れて海が、ベランダに置いて、あなた数清1本の流れの波紋を見極めてすべて先の迷いや深い、あなたはまた海のあの執着が好きですか?

だから、恋に他の人の女の人に属して、彼女はあなたの永遠の友達だろ!友達だから、あなたたちの間はいつも1段の小さな存在の距離で、一面の小さい空白。海を隔ててあなたのビーナスあなたは発見して、彼女の美しい。
友達だから、君は何もいつも善意の偽装を着ても、総言おう美しい嘘なくいつ恋人と荘重な束縛され、あなたが本当のあなたは彼女と一緒に散歩して、一緒に笑って、誠実な友人常に存在し、理解と大きな度量。
友達だから、あなたが完全にトス煮え立つ碗瓢のさじごっこしない、生活に疲れて鍵をかける事は、親友の身分談陽雪、古典文学、社会生存価値、ファッション……友達だから、あなたは彼女に求めるのは多すぎて客製配方、あなたは永遠に彼女の友達で誠実な信用、彼女は君に返しのは永遠の友間の励まして。
いつの日か、あなたは分かって、友達の定義に限らず、恋人、友人はあなたを伴って歩いたこの長い人生。いつの日か、君には分かるはず、愛する女、きっと彼女はあなたの妻。求めすぎて、反対に目標に疲れを求め、思いがけないかもしれないの満足を得る。
恋に女とは限らない彼女はあなたの妻、彼女はあなたの美人でしょう、恋人より多い1部のしっかりしていて、多い1部の親しい友達よりも、ゆっくりあなたに付き添っていませんて、あなたに付き添ってあなたに付き添って、一生にも程鑲牙。  


Posted by 浪漫刺客 at 18:03笑顔相見

2015年03月12日

愛情を追求した


小さい頃、聞き慣れた恩讐を恨んで、守らのラブストーリーで、小さいころから大人になってもひとつ探し当てることができることを私の心臓は愛慕の女、一生幸せな日々。
20歳から始まって、ずっと探しても、ずっと求めて、しかしすべて無駄らしい膠原自生、愛情は遠くて、探して自分の好きな人は本当に難しい、会ったことがない感慨は忘れられない愛情、すべてすべてそんなに平板かも、、、は身の樸訥と欠乏不足、愛はいつも私とすれ違い。
時には他人に見て対になっている、いちゃいちゃいいうらやましく思うし、おしゃべりをしたい、いつも自分に出会うことができて、いつも自分の愛する人ですか?
時には本当に言いにくい感情、あなたの好きな人、他の人はきっとあなたが好きで、あなたを愛して、あなたはまた必ず人の通り、そのままにからみ合って、みるみる歳月が流れ、自分の愛はどこにあるのか陳柏楠
現実の生活は、愛情は幻かもしれないし、もちろん恋人の物語ではなく、ただ、難しくて、あなたはきっと追求すればただ水中の月、いわゆる偶然。執着のかもしれないのはずっと求めたいが、あなたは知っていてこれは1本の戻れない道、晴れは時間と靑春、などの回の世の変転と後悔かもしれない。
人は現実に直面し、歩き終わって一生ない知恵が必要、ひたすらひたむきな愛情より、より価値のあるものが多いかもしれない、未来に目を向けて、ひたすらにはまってない。
あなたが振り返ってのころには、この会庆興当初の选択、愛情を追求した、reenex 好唔好尽力することができます、それに執着する必要はないが、若いうちに早く終わってこの荒堂の悪夢、早くしましょう!  


Posted by 浪漫刺客 at 12:47笑顔相見

2015年02月02日

1部の小さい収穫

大雪の節気のその日、空の下からひらひらと舞い落ちる雪ガチョウのように舞うように、これは2014年冬の後の最初の雪。私は入り口に立って、見ていては、野放図な雪が見えてきた、1つの白雪姫、しなやかな舞う姿を振って、ひっそりと来て紅塵。私は思わずがうらやましくて。
何年もの雪が降らなかった、地面はすぐに雪が積もって、白は、かすかな樹木や家屋、まだうっすら見える。しかし、私はまだ出ます。
私は用事を済まし、もうお昼だ、雪はやはりまくりで降っていて、全く止卓悅Biodermaまった意味。上の雪は厚く、踏み続けて、すでに深くすね、はまって雪の中では、歩いてとても骨が折れて、しばらくの間、靴やパンツ角都くっつく雪は、一歩も非常に苦しい。1台の乗用車が急に私の目の前からゆっくりと過ぎて、殘してクリアのわだちの印、心が急に明るくなって、私が踏んだ轍を踏んで平和丸のわだちが、ない雪の浸食を歩いても、軽くて、心の中はとても楽しかったです。
見上げて雪が舞って琼花玉樹、一面の銀、天地が渾然一体となって、「突然一夜春風のように、千樹万树黎花」の美しさ。この世界でわずかと真っ白、汚れない、心を清らかに静逸。この美しい世界を有頂天になって、少しは大喜びで、雪を見て、ただこの精霊にとらえるの舞蝶か忘れた前の道が出し抜け坡、足元が滑って、重いで倒れたとしか思えない「触れて」と声を、後頭部になった。すぐに1種の痛みが脳の週り、痛かった、私は、終わって、終わって、雪と抱きしめた半日が立ち上がって、私はやっともがいている。濡れた髪を触ると思う:雪?やはり血?手を目の前に置かれば、雪解け水、これはやっと安心した。私は頭をこすりながらながら、滴ぐて運が悪くて、こんなに詩的な雪の日は受けた雪轍の誘惑に、重いに転んでいました。その雪の轍は車の咲いた歩道が滑らかな、もし換えた年配の人が始まるかもしれない落ちましたよ、今の私の気持ちが一気にが悪くて、しきりにため息をつくことを感じて、ちょっと思い出し!最初の雪はもはや感じはそんなに美しい!
この天気を呪って破れて、ゆっくり家へ歩いて、この時にやっと知っていても雪の道を。角のところまで歩いて、私を見て宣伝欄に描いた梅の花咲くながらに2行字:壁の隅の数本の梅が、歐亞美容 凌寒独自開発。まるで香り翻って、梅の気骨は私に感染して、私は自分で言うことに対して、転んでしまったのではないでしょうか。大丈夫、大丈夫。
家に戻って、私はベッドで、うつらうつらしないが、寝ては、病院まで検査をして、また、使わない、何で探知した。ふと思い出す歌:雨の中で痛い点は何ですか?私はすぐに立ち上がって、昼ご飯を食べに行き。この時、頭が痛い、何もしっかりしていて。
午後出かけるときは注意しないと、行く轍下の痕跡がない跡に雪は、滑らかな氷。私は选ばれた人がいない場所を踏んでいて歩いて、雪、ゆっくり進み、真っ白な雪を踏んで、足元の声を聞いてキィキィと、心の中はとても楽しく、自分の足で行く1本の人の道を、それは1つの本当の道。生活でも、自分の道を歩いて、多少困難は限り、自分が出てくるのも、1部の小さい収穫。
雪はそんなに寒くはあるが、梅の花の満開になりたいinterior decorator hong kong傲雪一輪の風に梅の花が、冬の花に歩いたことがあって、きっと最も輝かしい。  


Posted by 浪漫刺客 at 11:41笑顔相見

2015年01月20日

時間の問題に

は、大学の類似小学校の生活にするのか、それともしようと思っていた生活というのは難儀複雑な事物で、われわれが受け入れず。
一秒で一瞬の生活を休まずに进んでいる、时间もは未練を残すことなく在野の、肉眼の平和、速度が消えている。叹時はとうの昔に無数の秒点だった。
いとこの妹たちはますます隣接した大学修学能力試験(修能、往々にして思い出して来る时には、総会の思い出を加感慨を僕はすでに過ぎ去ったあれらの。
后悔するのではないか、と残念なんですか……実は、答えはノーだ。ただため息だけのことである。今の生活はとても良くて、いかんせん焦らなければならない未来の生活・いらだちであり、纖瘦店 今は試験の计二级、英语四级や期末試験甚だしきに至っては英6級……一部は未来の道を作のための布石だが、同時に半日闲が盗んだりして公開している。共闘さえ、静は良いです!
妹と弟たかったんですが、焦るが現れる。かつての自分を思い出しながらこの言葉でリラックスしてしばらくしてから、後はだけの焦りは、不満だったんですが、话しました。黙祷しているだけに心の中には、弟や妹たち、顽张ってね、あなたたちの夢を祝福します!したら、これはあなた达が総遭遇する道火焰山難物をやっていたが、少なくとも1段の道一马平川から紧张しないでなければならない沈着自若!
私の梦は消えたことは、どんな波乱に、私はきっとむこうの方向に向かっている。人に過ぎなかった時間の問題に過ぎず、僕には何となく畏敬ている模様だ。

一つは、2年前に大学修学能力試験(修能ひらひら見つめてもうこんなに长いました。何をしたのかを取って、何をしていた成就て、ほんの少し勇気がないと言って、いつもそんなに微弱で不成功している。唯一または守るのはまったく裏切らない…。
いま忙しいあるいはのんびりとき、一日だけで、まるでが急に移った薄明闲静な墨青备状态だった。触って手を伸ばしてへ行きたいとしたにもかかわらず、黙って悟り、かくのがある歐亞美容
时间のスピードが速くむのもいいされなくても、気に私は自分が认识しているように、総絶えず変化して、だんだんて時間の强さを见せ、変化の不思議なようだ。
耳が闻こえ友达の生活の変化がなかったわけでもなく、落胆してもらいたいだけ習慣のことだった。
クェソクさんがベッドに寝転んで眠りたい感じがこの日顷に生きていると、夢と、回りの人々の授業や食事・寝てしまうので、静かなあまりしない真実で、仮に気分が落ち込ん平和(ピョンファ)かねぇねぇしびれるなんですが、多くの多くはないと感じました。この時、突然思い出して人生を比ぶれば梦幻の如くなり、経験したことや、付き合いのある友やハッフルパフ过客だったが、そのような绝煙が上がった。
いつから人生も思案したくありません。ただ、愚痴すぎずにいた。過去の存在を思い出に、今のは続けなければならない、未来のは未来のために、そうしてください、道が足の下macallan whisky、方向は前を見た。
  


Posted by 浪漫刺客 at 17:55笑顔相見

2015年01月09日

「人は感慨深い

私は平凡な人でも、ただ考えて平板な生活、そして愛する人を探して、黙って互いに一生。しかし、たとえも希望は単調な生活を過ごすことができるのに少し激情、少し驚き、最も欲して暖かい。だから、金絲拉皮私、いつもこの人生なぜ総そんなに多い波折、もしかすると、これはないので、波乱の引き立ても見えないで、平板な貴い。かも知れない、お茶のような、沸の水のないな、どうて思う存分のお茶にしても、入口の時、少し苦いが、イタリアを持って、甘いのは。そう考えると、人生はそんなに困難は何番曲折の後、人生はそんなに平板で、いいの、結局は分かることができて、たとえ老けて、たとえ白頭、いつも愚かな、明白な、たとえないすさまじい愛情、無駄ではない今生まれつき世の中はされて!
なぜか、最近なんだか心が急に何か!のように疑問があるのに、また迷って戸惑い、ただ知らないべきことがなぜつくづく!知っているくせに、今の私にとっては貴重なのに、また時々不可解なぼんやりする!ぼんやりする際は、またまるで独立の于世間以外には前まどろみ!これは私の心の中が需要ではないので、1種の言葉で言い表し難いの味!いま、誰も相手にしなく、誰も思わないで、実は、胸の中でいつも妙の孤独!孤独で、怖い、怖いのは知らない自分がどうして孤独も知らない自分がなぜを孤独でbvi offshore company、もっと恐ろしいのは自分を知らない孤独いつまで!時々はもしかすると1種の抑えて、しかし更に多くのは1種の人生に対する思考!とはいえ、多くは無用の功だが、ないよりましだ。
ずっと前から覚えてる燭台段:風に揺れる秋荷化意で、弱い水が数え切れないほどあっ。心例えば蓮子むくレンコン聯、紙詩など誰に記入しますか。白鷺横秋述べる昨夜、書物は結び目を書い。それどころか気苦労の跡、まだ今生落殘忍。いくつかの言葉を読んで、なぜか感じはそんなに瀋!風の葉に夕暮れ、江南秋は深く、靑衣旧重分、心はもし孤城!このような江南、これのように、私は分からないで待っていて誰の目つき。待って梨花雨涼、桃焼け野原に待って、もし化酒はまた1種のどのような濃厚ですか?情が深いならば、雨が瀋んで、演出の花事どうやって影葉うでしょう?だから、勇気があるのならば、1本のバグパイプ、またどんな縁が座礁!という言葉は、どのように「人は感慨深いCardboard Standee

  


Posted by 浪漫刺客 at 11:23笑顔相見

2014年12月29日

霧の時

満目の飞絮ファンに目が風のようにつきまとって全身。吹い開数が一枚、どこかで彷徨う。
枕元にても愁、問君心。昨夜は涼風を夕晴れ、雨に落としクリーム凝結。愁糸苦しみを眉尻恨み、靑白い燈火に染まると世の変転。
数が、延々と続く山ばかりで、また一座座。千山ぶりぶり、水、一面の薄い寒冷紗ぶりも、透は望外が見えない。
波に揺れるの年月で、清理愁いの綿回って、頭の中で上下、ニットに一枚の美しい糸泊。
壁の金槌でたたいて、たくさんお聞きする心。しかはますます強固で、しっかりなく破壊。
木に満ちて、朽ち。乱れた心神、華麗に見えて。無人敢突き破るのあの階の紙のように、当初、完全無欠。
墜落した星は下ろして、水の中に落ちて、心に。漫野ツバキの花の朝に下ろして、夕日の下で。花を散らして半世紀、ついに止まって、止まってしわだらけの頬に、濁って涙はそれを、それはもはや漂った。
「今」を破る、音静かに、「カチカチ」を指し、劉芷欣醫生時計十二時、ベルを暁幕。
光が入ってきて、すべての人の体内にもぐりこむ。小さな流れから花を持って、林の中で抜け出した遠くへ出て、鼻歌を歌う。日光は霧消し、混沌とした世界がはっきりして。
霧の時、迷う目道を模索している。
霧が後には、もう一生。
それだけを殘して
山空湖静
best travel mugs | |   


Posted by 浪漫刺客 at 17:32物語

2014年11月20日

真美!でも彼女の

初めてとても美しくて、との観測が出ているという話も出ているが、当然、初めてここで言う「初詣の変に考えないでください、ハハ!初めてここの話というのも、実はすこしが生活のしずくですAmway安利
私事にしようという一部の些细なにとって、イメージの中で初の爱をささげた『十六歳」の白雪だが、その時に僕には感じられたばかりの10代とみていたが、毎日里(c团的孩子们強いという漠然たるつきまとって私、恋しい思いは声が口を開いて、黙って多く面を楽しんでいて一种が決して美食がに生じる幸せ。そういえば、おかしかったのか、今日まで、私はまた総は小さいぼうっとしてうり、决してこのはこれぐらいにしてほしい」と、さもなくば、きっと他人の議論も呼び込んだ』と『ヒキガエル偶然、ハッハッ!考えしていた時は歐亞美創醫學集團 、天下にどれだけの私のような長い细胞の蛙ですね!

好きですね、恋より明るくしました、初めての恋甘いまで続いて結婚し、子供を、私は気がきまって実はなかなか悪くない話ですよ、思想のちょうどで活跃する80年代末に初恋の話だけはいつも鲜度を保つことは、今まではそれではないに与えられた、の一分のゲンソンだったのだろうか。
といえば、時間帯別にいくつかの些細なことだが、真の到る世界中がこちらでは、子どもが、出稼ぎに行った登校を乗せて遠ざかっていくのを見て、子供たちの車を利用して、いつまでも肯て家に帰って、それは初めて、子供が初めて一人で出かけるだったし、私がそばにいるだけで感覚だのだが、とても掘れ心、駅思ったが、以前の初めてのことだけを考えて歐亞美創醫學集團 、思わず笑ったが、考えたら自分の父親として、初めて経験がないでしょう?たいと、どっちがは現世は、初めて!ハッハッ!そうなんですよ。すべて!今一つ一つ!は、初めて!にも5年轮は記憶を初めて!こんな新鲜です!こんな奇妙な!は私の生活に満ちているように、私は笑って、もどうりで友达はいつも笑った私に言った:ふん!一日中は照れ笑いし、総は、自分たちだけが神様の寵児!」もちろん仆も相槌」「はい!て私达のすべての人はすべて!だけとの违いは私をさらに感性よごれているものではないことを全部般若诗歌しびれるそれが目にして初めてのです!」
初めて!真美!でも彼女の地平を開いた懐かしさとを思って、たとえ幻像美知留は印象的だったという。
  


Posted by 浪漫刺客 at 17:31笑顔相見

2014年10月06日

再生、再放送

往事はけむり、壊れた満天の記憶、最後に私はその顔の表情など照れ、美しい物語。希望は消えない、言わないが、最後の向きを変えた瞬間は、こんなにしかない。しかしこの様子で、悩みは一生。
人々はいつもゆっくり探し、出会った時はいつもそんなにの人を苦しめ。君、どうして明らかに現れたが、最後はまた離れました。私は知らず知らずに震えて考え込む。あなたはとても美しくて、しかしあなたはあまりにも短い。短い人に反応しきれない。最後に瀋黙と失落も消えて行って、私に何らの防備。よくあなた任せの透過私の心臓。
scientific development | Interactive Learning | you beayty
いわゆるの変転浮瀋、いわゆる愛と恨みの葛藤、あるいはただ浮生は夢。こじつけのに離れて、強引なかきあつめる。後から知っていた、最後のしっかりとのは自分の手に握っ自分だけの心臓、爪にさんざん送金傷、にじみ出た。最後に私はすべてのすべてを投げたくない、何も。あなたはあなたが一人であなたが一番行きたいところ、今回私は話をして、これはいわゆる宿命かもしれないでしょう、できないほど彼に行って、この時、自分の力はそんなにの微弱で、そんなにの小さい可聴、一部の独りよがりな尊大、本当にただ騙して自分だけ。悲しいことに、いくつかのことをだますことができない自分も、ましてや人をだまして、うそをつく。正しい選択だとは言えないけど、仕方がない。
覚えていて、すべての静かな時、どのみちよう念の突然の生まれ。ちょっと念頭とカミーユをかぐことができないが、それでも、まだ現れて、終わって終わってちょうどのがあなたの頭の中に、あなたが行かなければならないそれを出してきては、出てきましたが、あなたも出していたことだけは。何度もの再生、再放送。
時間を急いで重ねて、今日が失われ、失ってしまっ。ただ自分の肉体を殘した。である人は、彼は自分の肉体はすべてもうすぐなくなりました。今は不完全そろった。継ぎはぎで、のではないでしょうか、
私は毎回その危機一髪というとき自分の目を閉じて、再び目を開けた
時はいつものようには、もしかしたら必要に隠された多すぎるだけ。多分、忘れないで、ゆっくり忘れて、あなたはいわゆる百毒にもも、ただ麻痺するだけで、歳月の痕跡薄情。後、こんな振り返って考えかもしれない、かつてはどんな狂喜駆けつけるを持って、すべての信頼と期待して、しかし最後に欠ける恐れ投下で、しかし私はどのように大胆に投下。私の後ろに誰もいない。
昔のこと、忘れないこと、最初に知り合って、最後に認めなく。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:41物語

2014年09月29日

すべての偉大な心は孤独な

すべての偉大な心は孤独な。天地は言葉がなくて、やはり荘厳。桃李言わない、自成型蹊。きりで、最も純の心、最も本当の気持ちを込めて、最も純愛、静かに花、草、一から露が落ちたと、一掬の水。心、裸;この身、赤裸々。いらない偽装、必要のない飾り、任天然。仏拈花ある迦葉に由来し、笑って、ひと言も言わない、つまりは透き通る。
きりで、1種の素樸な優雅。例えば蘭開奥深い穀、自画自賛する。もし雲出山、思い通りに性。例えば野鹤闲云しない、人を殘して。例えば高僧禪座って石の上で、世界忘机忘れ。流水飛瀑無人で、自分のDSE Mockロマンに舞う。自然の実態は、無作為のきらいがある。人は、きりの時には、最も真実な。仮面を外して、完全に裸で、自然に、自然。人の顔色を見ない必要はないと鼻息をうかがうなく自分をごまかす必要はない他人にお世辞。人生は芝居は人生の戯台に私たちを演じた役が多いが、ただきりの時にこそ、本当の私を探し当てることができて、すべての役を自然回帰状態の自分。男は、男。女の人は、女。このまま純粋で、裸のままで。優雅に自分の優しく、美しい自分の美しい。静自然に向かって、私の世界は私は決定で、私の楽しい私は主宰。
これは混乱の喧騒の世界、送り迎えは、うわべだけの親切は、往々にして茶涼しい。天下熙熙、全てを仕掛けてくる;天下壌壌、全て利へ。自分に1つのきりの空間に1部のもし生命、もいいのではないのが美しい。静かに寝そべる草原、サンライズ月落とし、風は草海;あるいは静かに海を見に直面して、潮が満ちて潮が引く、沙鸥旋回波の中。この時、自分の心を飛ばし、何でも考えられるし、何でも考えない。ならない工夫を誰に、知恵を絞って計算しなければならないか。心のない物は、浄土。瞳に映る風景ばかり。恩に感じる出会いに恩を感じて、日光に恩を感じて、風雨に流れた歳月に感謝、感謝、自分。名利は遠くて、得失は遠くて、栄辱は遠くて、自然に近くなったので、本当に私は近い、解脱近くなりました。人生が気楽に満ちあふれて、歳月、命がすばらしい。
採1本の地味な花、純の瓶に挿して。1杯浸す清茗、窓によく品物。immigration to Europe心は、素樸な。情は、簡単に淡い。生活は、簡単な。この時、貧富のは重要ではない、重要なのは1部の静かな心境。この時、名利は重要ではない、重要なのは1種の簡単な幸せ。時間静美、心境と思って、1種の淡く微かな寂しさ、一種の淺い暖かくて、1種の心の優しさに触れて。風になった草原、月に日の出目、東山は、一時の静かな海、靑い空雨上がりの、楽で、そして静美。
きりの時に、できるだけ目を閉じて、放して心、任を縦横無尽に駆け巡る。できるだけ放置、シールドのすべての情報、任心ないような古井戸波。過去の、できるだけを、淡い憂いと悲しみを彩る美しい花雨。未来に憧れて、できるだけ、羽根が生えた欲求、飛んだ千山万水。今できるのは、忘れて、世界の空、心に1物。いい自由が怒鳴って叫んで、黙々として涙を流して、馬鹿笑って、裸、全裸で、気絶して自然と目が覚めて……
きり、それは純粋な自然な状態で、最も真実な自分で。人はいったんきりの境界、千万人のうち、無人の境に入ったようだ。喧騒の繁華街にも、山のように。実はこれは1種の仏陀の境界。心身を忘れ、万法の空。嬉笑怒骂、任天然。燃えるたばこ1本、しばしば煙が、ゆっくりと昇って、まるで故郷上空立ち上る煙、深い山に流れる雲。曲が美しい音楽を入れて、ゆるやかなソフトは、透き通ったメロディー漫た心、肌に花が咲く、血管の中に流れる穀、泉、毛穴に風は起伏して、腹の中に漏れる香り。高背椅に横たわって、静かに窓の外の田野、音もなく、風、明月、日光、鳥語、蝶舞、香り、自分が訪れ。
今から、1種の素樸な優雅さ、静かな高貴な、寂しい清宁Mortgage。  


Posted by 浪漫刺客 at 12:07笑顔相見

2014年09月24日

靑赤いリンゴ

一部の人は赤いリンゴを食べるのが好きだから、とても甘くてとてもおいしい。私は愛する靑りんご、やや渋が、さわやかで比類がない。それは赤いリンゴこんな甘いが、依然として自分独特の風味、かつ常に食べ飽きない;それは赤いリンゴそうあでやかのに、透き通って人を引き付けて、もっと繁殖可憐;それは赤いりんごのように成熟し、Maidまた粘着面が少しも感じは、靑嫩汁とシリシリの果肉。

まさに愛情のように。恋の最もすばらしい時は確定した関係は長く付き合っているからではなく、当初曖昧がはっきりしない時。その時、あなたは知らないかもしれない彼のすべてが、彼がとても気に入って今あなたの歓楽の感覚で、その時あなたは甚だしきに至っては知らない彼の心の中は一体何を考え、依然として楽しんで言った一言ずつあいまいなら、彼の想像かもしれない表現の内容、期にできるある日、彼の本当の自分に告白;あの時彼はあなたに承諾して、あなたもできないため彼は実現しない約束失望して、かえってあなた達が想定しているかもしれないから、手を踏んで金色の砂の上に横たわって、肩を並べて柔らかいの芝生の上でのびのびして、一緒に歌っている共同お気に入りの歌……

あなたの生相手のガス、何か考えない恐ろしい現実を飽きないお互い、あなたたちは確定していないで何の関係も、君にしてみれば相手はそんなにの貴重な甚だしきに至っては高嶺の花をささげ持って、一緒にこのように自分に属するの玉、うっかりしてそれが他の人に奪い去られあるいは落ち地上。そんな感じは本当に得も言われぬように待っている1粒の靑りんごだんだん熟してようcompany incorporation

しかし、は全ての人に適して赤いリンゴを食べ、それは本当に成熟になったかもしれない、赤な、あなたはそれをいとわ甘かったさえ面っぽい。まるで靑の愚かな私達はいつも自分の速く成長して、彼との関係にはもっと大人に確定して、しかしすべてすべて望み通りましたが、銅鑼灣 髮型屋二度と戻って当時のあのような感じ。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:34笑顔相見

2014年09月11日

記憶の無恒

性格は年齢経歴の変遷。驚いたように私。に今ますます静かな心。歳月はつるつる角、やはり現実に弓にせざるを得ない。とにかく、経験を連れて行ってその転換。自己管理の口、自己管理の心。私は口下手に随太陽が東から西へと落ちて歩いて、月の満ち欠け憂うつに。もしかすると、生活はもともと好きで物を己だったので、その分べき閑淡の心境としてそれは。あるいは、生命の中で、この時期が過ぎていくでも、しばらくしてそれでそんな心境を大切にする。喜び悲しみ、私は1種の動悸、一回辛酸。company formation in hong kongそんな感じで収集が1種の幸福を、なぜ言う。

溢れる心、心は薄い雲。非淡食で畅志、非素シャツで悦心。過度の追求素静净雅ようで、堂の心度己のように、消えないこの紅塵の馬鹿むさぼる怒って揺れる。愛のすべての風のある夜、それを人に任を吹く合える。愛ある月の夜に、それを凝視して勝手にトスの明眸艶やか。朝の鳥語が好きで、聞いて莺歌歓声で歌うきれない年回り。好きな雨の江南、考え事が続くようにその巻の水晶珠簾。夏花やつけてあでやか、または暗香弱々しくて、いつも1種の風情流連するに値する。雪や軽い飄々として、あるいは柔らかい団団、総少し清涼沁润あなたの心まで。烈日太陽、体験温情。寒さとして、任それ氷結の温かい心。

古のや詩人文人成文必要は良辰、当たる美しい景色、佳人に付き合って、美酒を興。よい時節に美しい景色を楽しん至情いる裏地佳人、酒。呈す者天地人、一気に者詩賦。現代人に会わない昔月、今月はかつて照古人Outsourcing payroll。私は好奇心に彼らの人生。私は試み循その跡は満月の時に、その行方は小さくて探しに際して。そして音楽、酒、愛情、文字、人生誰させるようなものはたとえひとときの専心する。私の愛のよい時節に美しい景色31時。これだけの意味とは限らないじゃなか、酒、数行の文字は、相変わらず興閑情。

突然そんなの念をよけて、歩いていた場所。ㄍ·旧るも、懐が故にせよ。物。人は。気持ち。あの時のあの場所には、多くの動悸の記憶を殘した。は、物は。人非。情は遠く。留められない光陰がいくらかの記憶をつかむ。日月またたく間に、記憶の無恒、惟心ピール中港租車。  


Posted by 浪漫刺客 at 16:02笑顔相見

2014年09月03日

日光が直接照射

暇なときは、たまに買ってやっていくらかの草、花、あるいは種類の庭に、または、ベランダに置いて、あるいはをホールは、4時の景児は、草花にも精通し。年末年始から免れない時、いつも何盆しおれたしぼむた枯れた。しかしたとえ殘りの根っ子切れの枝、も自分仏、舎てる、待望の来年温風春雨、開催に目が覚めたように泰國自由行
買い草花や樹木時、いつも無駄な無駄なもというか、引っ越しを飼って帰っていいですか?私などの庶民に無知、育てにくいの、最高のは、命を粗末にして。
これは原則、一度に自分をぶつけて協力することが好きなのか、それとも、恋をしたくない、忘れた生命を大切にして、たとえ一木一草。はミラノ、そう。
初期の好きミラノはその香に迷って、艷あかぬけし、久遠の弥香花期がいつまでも続く。はいくつかの花花咲く、短く、なまめかしく、下ろす時の浸食、線香花火。私はない林黛玉葬花の心は、かなりのしっし惜しむ嘆いても。そしてミラノの香、清新な優雅、ちょい縷縷、漫入か。私は物理加内に秘めた人間だから、ミラノに私の人を閉じて私の性。
記得近年前後で買った何盆ミラノ、ほとんど盛花を買って、冬が終わると、花も木も散り、沒落しあなたはどのように慎重にも、清明節の宿命をよけることが。
去年のある日、私は行って見たいと植物園、合意のついでに、数鉢を買って。遠くには、淡い香りがぷんと鬱々と、五臓六腑に沁みわたるをからげる。思わず誘惑、また買い戻し一鉢のミラノ。水施肥、手厚い世話。ミラノ花、小さな巧巧、花びらのもろくて弱い、花期間が長いと順番に開放。いつも家に帰って、ちょうどうららかな日、ますます濃く香り。
冬に至るまで、草花や樹木を全部移駕室内。私はわざわざに引っ越しをミラノ地下室から、以前の経験は、倒れてもあまり希望、たまには水を注いで、勇気もない施肥。清明節は、まだ緑、内心窃思、でも葉も水分がないだろう!
清明祭りの数日、すべての草花や樹木を再を庭で、どんな経験凍氷のずっと栽培は庭の桔树、ざくろの木に映し出される活力に煥発も、春は気が晴れない。
慎重に剪定カットの葉、発見ミラノが生きていて、真冬の寒さを防ぐが溢れた後、深くて、結局命が。私はとても慎重に、枯れ葉を後に、水、土かき、施肥。そして葡萄棚の下に置くため、三寒四温の襲撃を受け、雨や辛い日晒し防止たたき落とす。春風の小雨のことで、庭の小さい命たちが盛んな成長活力に満ち、健康な楽しみ!
しかしほどなく、私は発見してミラノ枝枯れた一本だと思ってから、ついつい季節の交代、越冬後の植物の中でよくある。誰だ日後、何匹も枯れて、かわいがってもまた生きられないうわさ!インターネットを利用して調査して、ミラノ喜陽、一番よく生長温度を摂氏30度ぐらい、私ははっと悟って、いっそ死馬鍼をミラノ空き地に引っ越して、日光が直接照射。
ある日、2日、3日……ミラノ殘留の二つの枝を粘り強く伸ばした腰文具、ゆっくり吐いた新緑、だんだん長くなった横横枝ではあるが、午後、そっと声に配った香り。  


Posted by 浪漫刺客 at 16:40笑顔相見

2014年09月01日

异なっていた十月だ

10年前の国慶節の連休で、私と铃折り込んで、学校の近くのアパートで过ごし、私の记忆の中でなかったのに、彼女は买いに行ってきた一匹の生鶏、一部五味子、たぶん一部ねぎ姜参シチューにしなければならないと言って、写真を彼女と一緒にお酒を饮蓼鶏湯と、補终日消费の悪い、インタネットゲ-ムの気力を惊かせ、私はcellmax 團購、私は彼女の鶏を赌二の足を踏んでいたら割腹しろと言っても、確かに二の足を踏んでいて、彼女は内臓類さえことすらできないのが食べている人は、彼女拨帘純たと:)で頼んで、わたしは刀を切り裂い鶏腹だけど、私はいつことをやっていたことをこのように蓬、喧嘩と思ってくれたけど、どうやら私も男がやったようにやった、私のように反旗を翻して包丁芝刈りほどニワトリを切りとっばかりである。そうして、水鍋に利はうどんのように引き揚げあれらの肠や心臓などの不純物除去に言って、私は悪くなくて、彼女はアハハハとにやにやしながらニワトリに持って行って洗った。

昼食に蓼鶏湯を熟成させるなど、その时、私は多分ベッドに座って息を吸った半箱になってcellmax 團購、私は彼女をめくって釜の見学にラーメン発泡模倣専業主婦のおかしな姿だったが、などと彼女はパーマをかけて盛好おごってください味見しなければならない時、私はほとんど全部吐き出し、私をもとめようと話して、良いですよ。あれはちょっと生臭されるんです。それで、忘れて买い酒になりました。

海辺の町の十月が見えたときには人に与える晩秋の体験を冷たい風に吹き飞ば落ち葉を訪問しなくても、ファーストフード店に捨てられた白い弁当剃り」から、百つまらない奈するかのように、インターネットカフェに乗った初日、终わろうの时は透過qqに話そうと同帰るわよ。そしてね、そうでしたよ。

彼女を連れていくことを承諾し周辺の自然保護区鑑賞しようとしたが、この愿望を今年卒业まで私も叶えられなくて、私は学校を离れて数年間に歩いたことがあっても長いの孤独な旅を、私は时々に回想茶碗は生鶏湯をされて私のフリスコ・ラフライダーズ満煙草の床である私を顧みて精神委靡枕に転倒しておいて、はそんなに一人はあなたに付き添ってのように表情憂うつで座り込んでな様子を見せているとしたら、私は気が保有した一部の暖かさと、一部の気にはしない孤独をせざるを得ないような気がする。

から私は依然として、しょざいなの时に話しかけ、彼女も寂しいときに電話をかけていたのですが、私はすべての感情を僕は時々感慨に変身して、感情は、まるで全ての文学を最後までは、私たちにしかすぎ切れ切れには何年もだろうが、一日まで出すことに結婚しようとした、彼女はまた常に私と愚痴をこぼしている。今年の約束を见に行き、彼女のもとにしようかと思っていたらいい旅行に行くと、せめても思ってるからの光景だろう。彼女のことができると言いぼうっとして一日、cellmax 團購一日本当かもしれないと思った」とし、「私はそれらになったことを吟味するや、黄色の情緒になっちゃった。ただいつも私は目を閉じて、私はまたに入る梦はあいかわらずに滑りあの风のある十月の中で、私は夢に人に弁当を捨ててきた白い十月の冷たい風里に并べた。

離婚の手続きも10月、彼女は依然として笑って私と一绪に食事をして、一绪に写真を撮れば、署名は、互いにリラックスするならば、私に駅に到着した時、彼女からは無表情で黙っていた。切符を买ってあげ、車が终わって順番を待っていた、彼女は彼女のところへ行く友达の息苦しさを、私は私がなくても、私は少し考え、か、なかったことは話した祝福の言葉だ。私はお大事に、彼女が僕の謙遜で消えてしまうは私の世界の中にいます。彼女はその后私から解放たくわえた一日の涙が、観光客が不思議そうに眺めていた私は、いろいろな過去のことであり、幸福のと幸せではないのだ。私は知っていました。ある日私の心の中の天秤は僕は彼女に移り、cellmax 團購リレーをどのような感情があっても、私は付き添いの金髪妻だった。  


Posted by 浪漫刺客 at 18:31笑顔相見
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客