2014年05月30日

結婚初期

朝風清楚なさわやかに揺れ動いてゆく歳月のスカートが小雨の恐れなどの洗いつかの間の風塵。霧は空に引き取らひとひらの雲の洗濯をする、トスが林間懐、しばらく翻って、しばらく流れ行く、まるで空の仙女こっそり天下り、彼女を探して千年前に人間界で出逢った恋人。
好きでこんな雨季空想、あれらの雨は空が悲しarmani sunglasses saleいとき排水の涙も、うっかりこぼれた茗茶向け。あるいは観音菩薩玉净ボトルをこぼした甘露、不意に舞い落ちる。
雨の中で一人を好き、心を静めて聞いて、心を静めて鑑賞して、聴いていて雨が傘に跳ねるしなやかな脈拍、たまに盗み見する街の人や物。他人にははっきりと見えないでの、これはどんなに気楽な雨の中を歩く。
そんな梅雨がもっと好きあなたと一緒に出かける。私たちは中学校のクラスメート、在学中にも言ったが、数年後に友達の家で偶然再会、縁はそんなに得も言われぬ時に、その最初の出会いは私達の愛情の幕が開いた。私たちはしばしば雨中漫歩するながら、雨の音を聞いていながら、誘導でお互いの動悸の音。
忘れては下雨の夜に、あなたが電話した知っている私は風邪を引いて、すぐに雨合羽を着てオートバイの出現は私の前で。元フワフワの郭富城式の流海、あなたの額に腹ばいになって、波に翻弄される衝撃砂の水草気落ちして垂らしている雨。あなたの顔の水玉照明の下で輝くきらきらと透明な光、光のような笑顔はもっと輝いてた。あなたは私に行かないで薬を買って食べて、わざわざ私の風邪薬を送って。私が笑ってあなたは馬鹿、私はただ恐らく風邪はまだ良くありませんて、あなたも風邪を引く。実は心の中はいっぱいの感動、そしてあなたのかわいがること。その時私は昼間出勤して、あなたはすべての夜が来て私に付き添って中學數學練習散歩を買って袋の間食、公園の一角に座って話しながら食べて。私が特に好きなハートの水晶の恋ゼリーを買って、感じの愛情は水晶の恋ゼリーの味、いろいろな香りが、甘い、やわらかい。
感情のブームになるにつれて、順調なへ結婚ホール。結婚初期、我々はまだ甘い甘い、私は雨の日はいつもと一緒に散歩して、あなたは私に付き添っているマメの傘の下で抱き合って。私達を聞いて言ってくれる雨、雨の音、嗒嘀嗒傘に私たちの愛情を伴奏。
一人の雨の中を歩くのは1種の遊びの方、二人の雨の中を歩くのは1種の幸福、前提は好きな人と一緒に傘をさす。覚えてないのはどれくらいないあなたと雨の中共同じ傘、よく懐かしい婚前のロマン。どんな年齢では、女性の心の奥にも殘されている少女時代のロマンチックな気持ち。男は結婚生活の圧力がちだ、仕事のプレッシャー、多くの男もない婚前閑雲野鶴。時間が行って友達と会い、あとの時間はむしろソファでテレビを見たり、ベッドに横になって寝てか、あまり一緒に散歩に行く。そこで、多くの夫婦の仲は平板です水のようです。
私たちの生活もになっていく1杯の白湯。たまにはいくつかの細部に感動し、毎回肉を食べる時、あなたも知っている私は脂身を食べない、どのみち赤身の肉を挟んで私に。もし挑ないひとつの全赤身、あなたが一枚肉の脂身を食べられ、赤身の私に殘しておく。もう慣れましたが、私はあなたに怒るの時に思い出して、釈然としましたGEM blog。  


Posted by 浪漫刺客 at 11:20ーの味

2014年05月26日

考え事と雨に聞く

ぽつぽつと、少年は雨楼閣に強いというか、愁愁。こまちと聞いて、少女雨花傘の下で、既知の愁愁し切れて。は、更に愁。
数日前に閉じこもって気持ちも暑いと、You beauty思っていた雨が降今日気持ち涼しいですが、、この時に雨の中、深い眠りが間違っていた。もとは、雨の愛情と同じように、すべてが傷つくから深い、あなたの到来を期待してそれなのに、本当に来て、あなたは無語凝詰まらないかもしれませんが、雨は人を傷つけて、自傷。と思った時の小さい花園は静かで、自由に歩いても見た抱き合う恋人、へへ、この雨は恋を止められはしない。は彼らを見ていて、意外にもなぜか悲しいと感じて、脳裏の中でただ詩:山はうね、天地の合は、大胆に君と比べるもののない。
生い茂るクローバーが園子の隅々にまで花はすでに満開で、雨の中で、涼しい風がなでるだけに、揺れている自分の光華。私は二度とないの最年少の情熱は、好きな親友を摘み取る四葉のクローバーをよそにひとしきりをよそに、夏の雨、夏のきわみ。もしかすると、その年の零細かけら自分だけ覚えて、しかし、それはどうなるか、抱き合って想い出も美しい。この冷たい風の吹くシア・ユイの夕暮れ、私の頭を下げると葉の花びらにきらきらと透明な雨粒が、漠然とした刹時、かわからないとかつてのが何があることと違い、、はっきりとはまた違った、この草はその年の草、雨もはその年の雨、私?親密なカップルに歩いたことがあって、彼氏彼女の写真を優しく、そして、手をつないで遠くて、女の子、あなたは四葉のクローバーを見つけましたか、意外にもあんな笑顔が、やはり彼がそばにいるから、幸せですか?愛情を吐いて、あなたが本当に毒にも強いと慢性と長いの組み合わせが、本当に来ました、誰の住んでいるこの水の誘惑に抵抗し、優しさが溢れる、火の如く。だけ、だけ、でようか、とにかく最初お互いの結果いかんで、見た果報養陰丸
一番好きな霧雨煙る、実はもっと好きなのは雨上がり晴れ陽。雨のように糸を隠していくらかのほこり、見えないような美、しごきわからないなぁ、朦朧哀傷、淡いながら、心が好きな人に挑む、溺れ清涼感傷的になる中で、自分が自分に付き添っていて、数えてつかの間、淡看事。そして雨の後で、また別の話だと、晴れ雲陽の緑の木は、万裏の日、すべてが新鮮な、それがチャラチャラポプラの葉は、ずっと私の最愛、今、私は笑って、好きです雨上がり透明な万物と晴れた自分、笑っていい状態。
冷たい風が、夜に低く垂れて、とてもあなたを聞きたくて歌う曲虫が飛んで、私の恋しい思い、あなたも?ほほほ、もと自分は本当にこんなに多感ですね、でも、はは以前のように簡単ではの好きとか嫌いで、成長の中で、多くのことかもしれないが、この矛盾類似縺れ複雑な感覚だろう。
夏の雨の夜は月も星もない、でもまだ黄色の明かりで、これは私達に教えていつか希望ですか?そして、翌日の朝日が昇るもも、曇り、まだ光?でもつらい思いに泣き出して、歩いて食べたり、そして、的のように頬を打ち付ける割れヘアピン耳後のように笑って。すべての人はすべて自分の物語は、すべて自分の性格も自分の不満で、だから、君はそんなに不満で、まるで私はそんなにあなたが好きで、へへ。
はわれわれがどんなに嫌い雨、雨か期待、甚だしきに至ってはどのように暴言雨、来るべきで、彼女はいつもが来るので、学びましょう、彼女、学んでいくつかのものを無視して、自分の心が強くて。
雨は止み、風はまだざあざあ吹いて、明日は晴れだろうとも數學精補班、晴れたり曇って、心が晴れないし、あまり自分の気ままに悲しい思い、まず自分が痛い、自分を愛してる自分を愛したのあなたより私を愛して、へへ、また馬鹿に一度、クローバーの願いに:私の愛した人と私を愛する人を安らかに。  


Posted by 浪漫刺客 at 17:23自由

2014年05月22日

高校の生活随想

遠くには街燈の明かり、私と生徒一人一人のように座り込み静かな教室に機、後からさんの笑い声がたまには、今の心の静若杯の水。
先がある街燈、一人の長者は私の道しるべuniversity researcher、止まらない、私を励まして私の督促。そこで私はもう敢怠慢、一歩ずつ歩いて、疲れた、痛くて堅持しても。

私は趙薇が好きで、小さいときから好きではなく、盲従、流されない。私は彼女には一種の目上の人に対しての尊敬と憧れは、有能能力のある人の崇敬。私の眼中で彼女はほぼ完璧に近いから、当然、生まれながらの長老なし。彼女も欠点があって、しかし彼女の才能はこれらの瑕疵覆い尽くし。彼女は才女だでさえすれば、まるで彼女の決心したことは必ず最善を尽くした。

俳優や歌手としても、彼女の表現も舌を巻潔面調理く。もちろん私は彼女の歌が好きで、淡い憂いと悲しみは一種の束縛を楽しくへの力。私は一人が好きで、一人が好きで静かに読書、オフィスや音楽を聞く。否認できない自分は少し憂鬱なにもかかわらず、私はいつも隠し。たまにはそっと暴露。かも知れないきり持って私の性格傾向でしょう。

時間が砂、少し離れた自慢の時、本当にゆっくりに飲み込まれている私の靑春。も殘念ですが、やはり殘念ながら少し少なくて、あなた自身の後は悔恨で生きて。静夜が、教室内は賑やか、ベル、筆Voting System。  


Posted by 浪漫刺客 at 17:26

2014年05月20日

いらしゃいませ。过去

过去を忘れ、過ぎ去ったのは永远の过去了!私はやりたくない一つの生活は思い出を世界の中の傀儡だが、私にとって、あのだったのかもしれない。私の最も美しい希望、今日まで。私は忘れることができません。Burgundy私はかつて単语:おかしいの梦はかつて私の内心の点は、现在、融点を淡々としていた…

私は笑い、笑の自分の无知、笑って自分の愚かさを笑の自分の単純だから、もっと笑の自分の理想主義的だ。ああ、おかしかったのか、は無理だ。私は知らない人が日々を後ろでどうやっていただいて、困惑を行き来しています;私は知らない自分がこの世界を、どうして私は心の中には、请求书渇望だったのだろうか。たとえ強要するのか、それともどこかな…胸には残っているかもしれないという一寸の希望を持っているということを期待している」というのを期待することもできないが一日にして、あなたと私は知っていて、これからも永遠に不可能だし、すべて歩いたであろうと、みんな去って、は消えた。美知留は私は马鹿立ち尽くしたまま、地方には沈黙で頭を下げた。あたしはいかがですかsirva?

私は一つだが、一つの徹底したぞぞぞ! 1の逆転負けを喫した私利私欲の,ひとつの利己的な奴だ、と愚かなのおかしいのバカ,ひとつの無知なばかだ。今、私は何ができる?私は笑い、泣いて笑ってしかない自分の愚かさ、泣いて自分の悲劇である。我慢して涙を拭いて乾かして、悲しくて、強笑ってふりかえると、そのすべての道の一言birthday flower shop

「過ちだったあの過ぎ去るはまたお会いしましょう!
  


Posted by 浪漫刺客 at 16:19自由

2014年05月09日

満足常楽

昔から、代々生命経験が百年iphone 3 casesで、少数者を確立した功績を殘し、多くの人が生活のために忙しく一生。風前の燈を悟った、少しが人生の経験を、健康、幸せ、命の重さを最も重い。若い時代に多くの人生を追求し、健康に、損失した命は一瞬の人生の輝きが、健康の生きていると比べ、短い浮雲。もしかするとあなたのもっとしようがないので、末孫ので、両親のために、家族の生計、苦労して働いて、やっとどうにか維持。もしかするとあなたの人生理想が高いため、葉って、人より努力を払って、一回の実現に向かって、何度も高いピークに、やっとあなたに疲れて、登って動かないで、座って休め。ふと下を見ると、それぞれの階層の人はどこにあえぎながら、まだ困難なよじ登って、もっと上に眺めて、前に少ない数人をピークに、遠くのに届かない。ふと、山下から羊飼い抑揚の羊飼いの曲、素樸な自然溢れる幸せがにじみ出て生活に無限の愛、起伏している自然のすばらしいあこがれ。これについて急にわかった多くの道理、人生の幸せは輝くオーラを持って、楽しんでもらえない栄耀Digital Whiteboard栄華は、理想にピークに達するのではなく、生活を享受して、自然を楽しむ、楽しむ天倫、楽しみにあなたの奮闘があなたに対して週囲の変更。君がどのレベル、限り、あなたの心に平然として、満足、幸せとあなたがいる。いわゆる:
負けず嫌いで一生を求めて、
栄耀栄華に伴うぐらい、
当座貸越健康生命損、
短い幸せ一生憂
生活を心から愛する必要奮闘、
悠々自適の生活を楽しむ、
気持ちを求めて滑らかで平然と、
憂いもないHong Kong delivery Flowers。  


Posted by 浪漫刺客 at 18:25自由

2014年05月07日

記得青年時代

  閑暇無事看了幾部六七十年代的臺灣電影,感嘆於時光的匆匆易逝。當時片中的主角們都青春年少,意氣風發,現在卻都已是五六十歲的中老年人了。影視圈裏人是很註意外在形象保養的,盡管如此也很難掩飾歲月的痕跡。人世呵,就是這麽無常。
  六七十年代的臺灣風氣真的很好,盡管不脫壹些舊習氣,總的來說人還是很純良的。那種社會風氣跟大陸相比整個就是天壤之別。文化的斷層使得大陸人整體看的就是那麽的硬。語言的堅硬,舉止的堅硬,衣著的單調。當然,至今日已經改觀相當了Vio-la。只是存留於精神深處的痕跡還是時隱時現,這大概就是歷史的遺物吧。我們不可以改變歷史,卻會為曾經的糟糕而感到遺憾,不過只是遺憾而已。
  記得青年時代看了不少言情武打的小說,瓊瑤,金庸之類的書籍,只要當時有代表性的,稍有點名氣的作家寫的書幾乎每本必看,每部書翻閱兩三遍以上。

  不過看錄像卻會選擇鬼片。那時媽媽四十來歲,她提前退休了。姐姐已經結婚,爸爸在外地工作,我在上學。因此只要下午沒課,我跟媽媽就會在躲在家裏看錄像。壹個下午能看兩三部,到天黑的時候出門都緊張兮兮的。現在想想真覺得是很可笑的事。
  看瓊瑤的第壹部電視是《庭院深深》。這部小說看的時候印象很深刻,更因為上網接觸的第壹個FLSH就是這部電影裏的插曲。因此劉雪華演的電視劇播出後,就壹集接壹集的看下去。只是劉雪華的臺詞有錯別字,否則會更加精彩。她演的主人公是位教育專業的碩士,文學才華橫溢的女才子,居然出現了語言錯字的低級錯誤,這不能不說是個蠻大的缺憾。只是,電視劇只是電視劇,不是文學講座,也不是國學論壇,要求沒那麽高。情節感人也能抓住觀眾的情感神經。
  瓊瑤劇初期的演出還是很接近生活的,撕心裂肺地狂叫那是後期作品,前面的沒有那麽瘆人。歸亞蕾演繹的《庭院深深》就很好,合情合理,深入人心。年輕時的歸亞蕾沒有劉雪華美麗,但是卻更符合劇情的人物要求。文靜,娟秀而充滿才華。只是我有點疑問,主人公的境況那樣窘迫,又是怎麽有心情去看那些令人心碎的詩詞的。以我的經驗,我只會在很平靜的時候才會偶爾翻閱那些詞句。至於李清照,辛棄疾那些充滿哀婉的詞句基本不看。我壹直認為,Wine Searcher人生短暫不必創造不必要的傷痛。我的原則,即使會經歷失意,我也會在很短的時間忘卻。上天很惠顧我,每逢如此我總能丟的幹凈,事後回想也許是我沒心沒肺的個性才會這樣吧。能忘卻痛苦是好事,為什麽不做呢?
  大概看了瓊瑤劇十來部,從青年時期到現在。感觸最深的是劇中的溫暖情節跟那些溫馨的場景,還有那些鮮活的充滿激情的陽光男女。
  方絲縈在秋日的壹個下午,斑點陽光照射的樹林小道,帶著怨憤從愛人跟女兒身邊匆匆走過。終於在女兒動情地呼喚聲中回歸了,從此痛苦多年的壹家人得以團圓。很美好的事,不是嗎?
  北宋詩人蘇軾在《水調歌頭》裏說:“人有悲歡離合,月有陰晴圓缺,此事古難全。但願人長久,千裏共嬋娟。”
  這個世間多的是缺憾,所以完滿的壹切就顯得非常的珍貴。似這般動情也是不多見的,我欣賞,並發自心底的祝福。
  很奇怪,我不是很喜歡秦漢那樣的溫情儒生,卻覺得劉文正那樣有點淺薄的陽光青年給人感覺溫暖。也許在心底,在我的心底只有心裏毫無雜質的人才會給人可愛的感覺。只是這樣,在歲月的長河中,始終有壹抹不落世俗的風景留於心間Multi-touch Panel。這就足夠了。  


Posted by 浪漫刺客 at 17:14自由
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客