2014年03月17日

田舎の大晦日夜

歩いてちょうちんが飾られた街に、家族と歩きながら感じている洪江語尾に新年を祝う雰囲気が全く忘れた以来の疲れきって、いっしょに歩いて、いっしょに见て、ついにへと戻ってきたのであった。実家に住んでいますが高いの丘の上に立っており、洪江山城美景一望できた。
大みそかのある日は、山城の田舎の家の屋根の上空を飛行して湯気に思われていた壱缕一縷「大和魂の煙を厚く霧だった。ひとりで煙の下で、横と双花の母親と関連して、灶膛する前にRobert Parker、分別の手を添えてしばも増えたという。この枝の上のひとりの煙はね、母親は远方の旅人火のついた愛の炬火が、は、远く离親切な召唤と気がかりです!
子供のころの年味があって、1件の新しい服は、甘いお菓子は、新鮮なご両亲は圧は枕の下には、いくつかのお年玉を発行した。幼時の清の日、意欲をシンプルになって、楽しいは纯粋に立ち上がって、そっと思い出し幼時のお正月に喜びを与えられれば、山野が吹く風を持って、土の香りがします。
毎年腊八日、農村から杀豚、ダース年糍粑⑴空き地の移動は、各家の山のように積まれて各種の買い物をしている。师走二十四日が、母親から东时代を爆破し、糍粑个稀糖油扬続いて炒めたひまわりの种、ピーナッツ。子供の私と姉、弟は油香の温かみを冒してかまど堂のそばに馋巴巴地母親を眺めていたが、口の中でまだお慌しく立て真直ぐのみこむ。母亲に分けて、果ては家系解づつみをを改めて実感しなければならない。私たちは、これらは豊臣もてなし時に食べられていた。早く」はみんな貧乏人の子供が主人に、実际には、このような「分別田地」も生活で勉强しました、幼いころから見聞きした指を折ってかぞえ暮らし、は石が利くしました。
「毎年花を、歳歳人とは違って」だった。私达のための準備をしている母親は年々除夜の集まりご饭、老けての母、腹の中の口に出せない味だが、母親を見て大人になった私达にのみ戻る、いつも乐呵に関系なく、あなたたちのみの平安の幸福だけでいい。
veuve clicquot今年の除夜の集まりご饭はすぐぎっちりつまっている大きな円卓だった。母親は、たくさんのロウソクに火を二本は太くて大きい赤いろうそく、分置が供えの傍らで段取りだった後、線香をしみじみと妙にして足たたずみ、静かに黙祷に続き、3回揖しなければならない。私は知っていて、母はすべての祝福がを託して神と祖先の身体を守ってくれる网心心には平穏だった。続いて、父親は門前で火を長い爆竹だったが、その後、家族が一緒にあらばテーブルのうえに食べる除夜の集まりご饭しました。子孫繁栄を意味を眺めていた父親と母親、顔の笑いを誘う。
机の鶏鸭の団栾(だんらん)が、毎年祝日を欠かせないは1皿に塩。父の话によると、おばあさんが生きている時三十夜ごとを青菜に塩を食べた」と言って、身を処してはギゴチなくむだに。私は闻いて、あわててはさみ一口に野菜を食べながら、おいしいし、忙不迭地を息子に塩。春めいて祖母と浸透している息子の骨髄だった。
食事の後、私たちは囲んでテレビの前に新年のを待っていた春が近づいてきた。息子は興奮を待っていました。夜に爆竹を大人にはお年玉を待っていました。
12時の钟の音が鸣り、「噼里啪啦」の爆竹がとどろいた夜になって内密な濃い霧に包まれた山城、声が響いた。父親は何串爆竹が部屋から出てきそうに、さらに放あの「非花は実際より花伝へ之」の花火になりました。今年の大晦日雾に暴れ濃い霧ふかしシューamoeba strikes他人の花火を自分の家の花火を打ち上げた。濃い霧が十数本をかき分け、花火を打ち上げたおばさんが「金砂」には、姹紫嫣红乳白色の夜空を饰っことが美しくて、利用された。「通!」地上では升個とくる充血したテホンゴールを決め、それまで飛んでいくを挙げ、「とん」という音は溶け千万流星長い尾飞旋は落ちて、まるでひとりひとりが活発で可爱いの小さなオタマジャクシがあちこちたたきつぶすべき「经通」「くにやにや」を瞬息消えていた。
おおみそかの日には天地间が急に溶けて1帘至极の見事な方法、花火のように徐々に散りゆくは隠は過ぎ去った日々の中にいますhong kong property prices。  


Posted by 浪漫刺客 at 12:33晚秋十分

2014年03月14日

晩秋に、また别は别晩秋

片片落ち葉を採取しても、私は過ぎ去る温情月日、あなたを见る私の集まりましNeo skin lab 美容騙子た。

その年、私たちの出会いは冬が、希望,、これ、夕暮れの长堤静かだった。白い純潔な世界、あなたは私达の最も诚実な笑颜、和む日暖陽、が溶け私は氷に闭ざされた脱俗世界、寒くて涙一粒のこと中で、私は戯れに癒をうける(キム・ジンヒョン)舞はあなたの心のやさしい心の瞳の中に、これ、冬、抜けた暗鬱な上着を天绀碧であろうが、水をとって。

その年、私たちの再会风の中で、お互いに林荫涧、酔っ美春の花の下で、山道をプルンスップ葱ちゃん、桃の花ガウディ)、「曲がっ赤白、苍星石)梨花(イファ)柳叶青舞は百花丛;その时、花、颜にやさしい笑顔を歌っても、浅草寺の风がやんだ;その时、柳でうぐいす歌と、花の間を物语、春光媚び、歳月静上手だった。

その年、私たちに折り込んの照りつける夏、を漫歩する「蓝蓝海辺を入れて、しとしとと降る。水天一色、白云に悠悠海風习习でも明るく笑っている。衣袂ヒラヒラ間、1ラウンドに向かって、渔船逆巻いて、碧波餘波に着いたのは、一海激昂ヵ所に連行されて1ラウンドの欲求を、波浪谷間、闻いて鴎たちや、望っぽく霞光间五十年、下天のです。その点はあなたが私の快楽力強かった。

その年、あなたと私はそれぞれ、晩秋、落ち叶がちらついて、斜陽としてです。その后、あなたを急いでいるの姿はまさに人海、鉛華て、秋むくそえる積容姿のましま色、あなたは私は独りにして、またそれぞれ天涯色んな人生の味を味わいながらどのようですか?分かった」とし、「私は幾分の忧え悲しみ、幾分みちみちだったのだろうか。いくら秋月ノボルだったので、春風が、季节になると、花が散った桃の花を咲いた雪でいっぱいです。えないわから帰ってきて、ちとの时间の中で、私は1部の不変の诘めたいがあって、あなたが闻こえだったのだろうか。时间の果て、思いは婉约に好意を书く命の一ふしわれ、お気に感知し?季節の間で話をして一人の人间の淚や物寂しい、お気をかわいがるだったのだろうか。

雪が降りしきる冬になるという

私の心にも知らず、氷に闭ざされ

何度目かに名前を呼ぶ新智我

何度目かに望断なぁ

いくら風雪を経て、経緯を経てからどれだけが待ち望んで?

私は天に感谢をつける理由はないだろうか。今日も君との再会は、詩の晩秋。…かも知れない、昨日の别れは今日のために再会し、昨日になろうが待っているのは今日のために执着するkissで、目つきが目と目が合った瞬間、俺は見たあなた千辛万苦の淋しさに、心を読まれ时间の流れにpentiumてる如谁承想,也就是と、あなたをしっかりとメッセージを込めた抱擁が再びが溶けたわたしの恨み、抱拥幸福、抱擁日差し、抱拥のように空だった。

歳月検証に対する真実はいつも胸に、私はあなたの最も美しい蝶胡菁霖IE、あなたは依然としては地球上で一番暖かいの日光のようです。


  


Posted by 浪漫刺客 at 16:38晚秋十分
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客