2014年02月06日

憶起の児童少年の少しは

憶起の児童少年の少しは、一番興味があるのは「呂のお母さん」。そして「呂母さん」はどこの誰だ、今までわからない印刷公司、誰もはっきり言え。毎年大晦日の夕方、田舎の人を一年の塵の灰を混ぜて悩みシステムの柴柴火火、整理街道や小川のほとりに火をつけて、乾いたたきぎを抱えながら、真っ赤な炎に高らかには「『呂母さん呂母さん』うちに新年を過ぎて、今年の作柄も馍馍餅」もあるが、一回の繰り返し。誰の家の炎が高く、呂母さん」は誰かの家に行って、また幸せ吉祥、金運旺盛。一群の友だちに興奮を駆け回り、走りながら歌う:「『呂母さん呂母さん』私は新年を過ぎて、今年の作柄もあり、馍馍も餅」……
時間が経つのは本当に早い、私はそろそろダッシュ指感覚弾50人、たくさんのことを考えると。過去を振り返るのいろいろな楽しみといい、今日の展望富と繁栄、万感胸に迫る。今は、国家の政策は、農民の生活水準も新しい階段。しかしあれらはかつて楽しい、自然の、古風で質樸なその年の味は、少し蒼白甚だしきに至っては薄いの何の味もにおいがしない。至る所には高層ビル、康泰一色の街やアスファルトセメント。人々がないのかもしれない以前そんな素直、友情、単純で、みんなを競うのは金で、自動車、一戸建て、甚だしきに至っては女性や子供のいくら、一度は殘酷な心理の戦争。
今年、春節が近い、また聞到年の味は少ない、子供のころのような期待と濃い味の花火が、いっぱい新社会では、新農村、新政策に影響して、中華民族の偉大な復興の夢、強いの夢夢の中国。そんな本ある心の迷いと感傷、新年のにぎやかな雰囲気に薄めて散り、そんな心の既存のすばらしい期待化は一種の永久の想いとの思い出!すると、新しい年の味、心の底から溢れ、新年楽しい雰囲気の中にあふれている康泰領隊……


同じカテゴリー(物語)の記事画像
旅行の意味
孔雀
私の夢が葉うでしょう
かつて1株の木孤独
私の生命が破れ雲で
同じカテゴリー(物語)の記事
 霧の時 (2014-12-29 17:32)
 再生、再放送 (2014-10-06 15:41)
 旅行の意味 (2014-04-07 18:16)
 「愛」に自分を見失う (2014-02-28 13:51)
 一缕の生活、君には悲しいこねるが割れ (2014-02-27 18:47)
 孔雀 (2014-02-11 17:48)

Posted by 浪漫刺客 at 12:53 │物語

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客