2014年03月14日

晩秋に、また别は别晩秋

片片落ち葉を採取しても、私は過ぎ去る温情月日、あなたを见る私の集まりましNeo skin lab 美容騙子た。

その年、私たちの出会いは冬が、希望,、これ、夕暮れの长堤静かだった。白い純潔な世界、あなたは私达の最も诚実な笑颜、和む日暖陽、が溶け私は氷に闭ざされた脱俗世界、寒くて涙一粒のこと中で、私は戯れに癒をうける(キム・ジンヒョン)舞はあなたの心のやさしい心の瞳の中に、これ、冬、抜けた暗鬱な上着を天绀碧であろうが、水をとって。

その年、私たちの再会风の中で、お互いに林荫涧、酔っ美春の花の下で、山道をプルンスップ葱ちゃん、桃の花ガウディ)、「曲がっ赤白、苍星石)梨花(イファ)柳叶青舞は百花丛;その时、花、颜にやさしい笑顔を歌っても、浅草寺の风がやんだ;その时、柳でうぐいす歌と、花の間を物语、春光媚び、歳月静上手だった。

その年、私たちに折り込んの照りつける夏、を漫歩する「蓝蓝海辺を入れて、しとしとと降る。水天一色、白云に悠悠海風习习でも明るく笑っている。衣袂ヒラヒラ間、1ラウンドに向かって、渔船逆巻いて、碧波餘波に着いたのは、一海激昂ヵ所に連行されて1ラウンドの欲求を、波浪谷間、闻いて鴎たちや、望っぽく霞光间五十年、下天のです。その点はあなたが私の快楽力強かった。

その年、あなたと私はそれぞれ、晩秋、落ち叶がちらついて、斜陽としてです。その后、あなたを急いでいるの姿はまさに人海、鉛華て、秋むくそえる積容姿のましま色、あなたは私は独りにして、またそれぞれ天涯色んな人生の味を味わいながらどのようですか?分かった」とし、「私は幾分の忧え悲しみ、幾分みちみちだったのだろうか。いくら秋月ノボルだったので、春風が、季节になると、花が散った桃の花を咲いた雪でいっぱいです。えないわから帰ってきて、ちとの时间の中で、私は1部の不変の诘めたいがあって、あなたが闻こえだったのだろうか。时间の果て、思いは婉约に好意を书く命の一ふしわれ、お気に感知し?季節の間で話をして一人の人间の淚や物寂しい、お気をかわいがるだったのだろうか。

雪が降りしきる冬になるという

私の心にも知らず、氷に闭ざされ

何度目かに名前を呼ぶ新智我

何度目かに望断なぁ

いくら風雪を経て、経緯を経てからどれだけが待ち望んで?

私は天に感谢をつける理由はないだろうか。今日も君との再会は、詩の晩秋。…かも知れない、昨日の别れは今日のために再会し、昨日になろうが待っているのは今日のために执着するkissで、目つきが目と目が合った瞬間、俺は見たあなた千辛万苦の淋しさに、心を読まれ时间の流れにpentiumてる如谁承想,也就是と、あなたをしっかりとメッセージを込めた抱擁が再びが溶けたわたしの恨み、抱拥幸福、抱擁日差し、抱拥のように空だった。

歳月検証に対する真実はいつも胸に、私はあなたの最も美しい蝶胡菁霖IE、あなたは依然としては地球上で一番暖かいの日光のようです。




同じカテゴリー(晚秋十分)の記事
 田舎の大晦日夜 (2014-03-17 12:33)

Posted by 浪漫刺客 at 16:38 │晚秋十分

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客