2014年08月25日

これは恋の叫び

日々はね、夢のように変換して万が一、時空を超えてから次の生活に突入しているもう一つの生活のシーンだった。我々は、受賞の中でも、にだった。
朝の第1筋の明るさを窓から侵入し、総会うふあたしや深あるいは浅いの梦、そこで起きそして洗面、料理や食事に付き添って二つの宝物の孫が幼稚园ではこう始まる平板で、平凡な、過濾水器主体のと似ていると同様の一日だった。どこに周复一周间、日が波澜不惊続け、歳月に残るのはわずか成熟したが加えられた老いつつある。
長い時間がかかった。心はいつもで満ちていたいらだつと焦りぬ不安を、ただ感じるわけでもなかっ愤懑よろよろ乱雑に、総も冷静に降らない行き来して、行く、いくつかの问题を考えてとかしとりとめのないとか、防災に心をせずには、あることに惊心が本会議とは无縁では歳月の疾走して、そして私も忠実に組み入れしかない歳月の中で、ただことに感叹してもう昔のおおらかさを返してもらえなくなる。
午後5時30分、子どもの时间になりましたので、直ちに階段をしっかり握りしめて送迎カードを1组の眼に、秘密保持だけはその时の表情が格别に日差し、楽しいまるで顔で格別刻んで、これまで园差し出されカードと教師の引継ぎが完成子。この时点で、张くんは往々にしてガルンロ総会を挟んで雑踏の隙間から外に期待していた視線を探る身内歐洲旅行、さらに先生は彼の名前を呼んだの時も、総会が~のようにしなやかに飛んできて、たまにわざとずらし『ドッキング』の方向と関連して、彼を挟んである『』の过去に。そして置物やつぼかんのんに笑って、もどかしい踵掟と抱き合っている。周囲が次から次へと子供の亲たちでにぎわっ、我々を見ている人はいないだろう。置物の一家団らんの、しかしこのシーンは永远に私の记忆の中で切り取り成(幼稚園の最もほのぼのとした姿を描いた。
覚えが一同身分の同じ年齢と聞いてきた「たった一昼帯孫娘、夜になってお嫁にしてはいるが、である。そのためには毎日のように疲れていたらしく、君が一人二人の孫ず疲れないじゃありませんか。どう見たことがなかった。あなたの息子の嫁だよ?」私は苦笑を返して、せざるをえないくらいは答えた。「僕の外で働くならば、私が夫と配慮を続けていた。そうだよ!に残された子供はとても苦い疲れていて、特におじいちゃんおばあちゃんの世代の面倒をみてもらってその苦と疲れが想像するのは難しいが、子供がもたらした楽しさは想像を絶するものとなる。子供の揺すぶるのはそんなにの神秘な、般若ひとりひとりの製造快楽の妖精、いつもいつの间にか、トキメキ疲れ果てた私に限りがないのですね」と話した。
私たちが今の体の状况だけ配慮二人の孫の人生の冷暖房感覚ならともかく、それから親への愛の精神を慰めるは私たちはどんなことをしてもない。一人一人の心のそれなりの柔软なところがあり、子供たちも例外ではなく、ある時氏が刻まれた触れれば親のいうことは、一曲が、一つの目つきやあかしてくることができた子供心の奥にそのは敏感に反応する神経は、彼らの心の平均心湖僕を励ましながら歌えば、水面に、勝気する彼らの目つきが弱くなって直ちにしずんで迷ったんです。この时、私に焼き付けさえされなかった。自分に静かにしなければならない」という意味ではなく、さりげないどころか、胸を押さえて、今にもで待機していた1試合を試練を経て地団太を踏んでいる緊緻眼霜
深いだったのを覚えて五一节前の1日曜日夕食後に、付き添って子供は一绪に见るもんだが少なかった演劇『やけにパパ」によると、掟急に私の首を拾うため特有の子供っぽい童音の言葉のように、「お婆さん、パパはどうしてはまだ来ないんでしょうか。父親をしようとしたが、彼に电话しよう」と述べた。僕は承诺しながら聞かされた息子の電話を渡してくれた子「パパ、おまえまだ帰ってこないの?」電話の向こうで息子の声で、「宝物、お父さんは2日後にはお帰りになりました。掟乐滋滋そうに聞いた。「二日?その明後日じゃありませんか」息子の返事を待たず、の范囲の掟を伸ばして二指『耶、伽倻』を直ちに電話を切ってしまっていた後一跃三跳んで大声で彼に兄の手は「お兄さん、お父さんは2日間で帰ってきた。」望みの気持ちを込めて、自分を評価する。
2日後、2人の子ども朝目覚める第一声は「今日はパパが帰ってきた」。二人の子供を見ながらダイナミック素直な表情をして、私にせざるを得ない」とし、「彼らは「2日間、お父さんはではないと言った2日間だけの、虚数がいて、お父さん帰ってきて、メーデー」だと話した。二人の子供は失望感を隠せない。「あのよし!」
で、子供の待ちに待つ间、五一节の昼、息子はついに帰っても、2人の子どもがあいさつに久しぶりに会ったの幸福、そのいくら遮没费站、猛攻の真心を见せてもあなたが込められた童心の世界を送信、几多(几多(感动しました!息子小父身じろぎをまきつけると2人の子どもの親をまた親、目頭が熱くなった。歳月のだ。そして、手錠が私の心を硬くてもどかしい限りありの一幕、微妙に泣ける、やむを得ず踵」で両手で顔を試作デッシュだった。
「おまえまだ帰って来ないんじゃないかな」どんなに平常の一言に言ったことで、子供は亲にするのか、それとも両亲は子供に、この中に含まれすぎている愛としてきただけに、ごく普通の一言一言に爱を持ってこそ説明を呼ぶ帰ることにしました。特にで何をしていた父親の男は、どんなにお外でカチカチつよかっ鉄骨に闘魂を燃やしたが康萃樂益生菌、内心はいつかはとてつもなくは柔らかくなっている子供と関係の仕事をすることができ、この柔软に伤つきを慰め、そしてこの柔软自身も実の親に入ることができないので、これは抜きんでて天下唯一重厚な爱--犠牲だった。
生命の中で最も幸せであることを、いくつの字だけを見ても、精密席巻「平安、平板で、いつも」だった。しっかり覚えて、nec(、家に电话をかけて、愛の呼びかけが家にいた!
  


Posted by 浪漫刺客 at 12:43笑顔相見

2014年08月21日

私は知っていて

言葉は心を吐かないと、不快。もし君には会い、希笑って、深く追求する必要はない、すべての風逝。
もしあなたはすでに私を忘れて、私も悲しくない。
私は知っていて、浮世万、出会いはすでに1種の縁。しかし既に縁があって来た時には、きっと缘尽の一日、春風は止まらず、花が散る花総空。
私は知っていて、忘れ決して1件私は努力しただけにできること。私はよくあなたを思い出して、いかなる時。
私は知っていて、私たちは、別々の道を歩いて、私たちは出会って、その短い滯在。いくら頑張っても、結局は天涯に互いに忘れるそれぞれ2。
私は知っていて、愛情は人生を円満に反して、それはあなたにもっと遺憾の意と円満でない、永遠に空模様の常藍ができない。
私は知っていて、あなたの心の中にたくさんの悲しみは、私が分からないで、私もわからない。だから、多くの時、あなたも困っている、矛盾、戸惑う。私はあなたを見ていると、手伝わない。以前の私は君のそばに立つと、今の僕が遠い闇。
私は知っていて、あなたは私に多くの暖かさと幸せも、私をさせないで一人ぽっちなせたい、ずっと保つあの星は単純に明るい心がある。
私は知っていて、人は気のない要求、種類ごとに幸せを持っても、たまにはやはり加点辛い味付け。少なくとも私は楽しくてしばらく、満足。
私は知っていて、はすべての問題は、なぜ、だからあなたは離れる時私はとても静かで、あなたが言わないと、私も問わず。しかしもしある日、あなたがその答えを教えていただけませんか。
私は知っていて、私はこれまでかつてという勇ましいこともあった、というような。他の人を勧める時ながら自分のせいになるとどうしたらよいか分からない、私はこれはどうしましたか?
私は知っていて、すでに選んだ道は改心していないで、しかし私も後悔しなくて、少なくとも私の記憶の中に植満ユリ。
私は知っていて、指風はあなたの顔、目じりの涙は私の想いは、誰の誓い私は知っていて、永遠まで歩いてゆく。
私は知っていて、心の傷を癒しの最も遅いところ、使って多くの時間が心室の壁の上で再成長あれらの繁雑で、きれいな模様。
私は知っていて、私の身の回りがしとしと降る雪、あなたの空は雨が降っている。私たちが同じ空は違う風景。
私は知っていて、私は放棄をマスターして、自分も許して、あなたを見逃す。私は手を放して、あなたが飛ぶ。
私はまだ多くの知らない。
私は知らないあなたは最近過ぎるのが良いのか、あなたに感動したことは、今日、あなたは苦しくなっても楽しかったですか?
私はあなたを知らないかどうかはすでに私を忘れて、しかしもしかすると、私もできないような以前のような悲しさを。縁はこれだけ、缘尽。忘れては互いに最もよい記念。
私は知らないで、ある日私はあなたとの出会いがある、どんなセリフ、どんな結末は?ただ一言「久しぶり」、そして、それぞれ向きを変えて、遥天涯ぶり。
私は知らないで、夢に目が覚めてどのくらいやっと徹底的に、夜总眠れない、勇気がないか?
私は知らないあなたは本当に見てこれらの字句は私に怒って。もう一回私を放任しましょう、私は私の気持ちを書いて、かつての愛情。
私は知りませんあなた思い出すかどうか私を過ぎて、少し。友達と約束し、兄妹ではなく、この望みを実現することができるかどうか?私は恐れて、恐らく私が失ったのは愛情だけでなく…
もしあなたはすでに私を忘れ、ご自由に飛んで、悲しみのないところで、静かDream beauty pro 好唔好に吟じて、水のように月の光が映っていた顔。形の記憶は、流水の憂いと悲しみ。これで笑忘歳月たとえば歌、愁結靑クリーム。  


Posted by 浪漫刺客 at 12:58笑顔相見

2014年08月18日

美しい人生

夏の夜、食べるご飯だけだろう、軽い布靴に着替えて、夕日の夕日のうちに、から一日最後の旅。夜の西山にひときわ美しい押し。行く人が多いので、途中で堂々として、絶えず、ラジオを聴いている老人を持っても<kung fu hong kong、三三五五の若い人には、食後の運動の一家に、多くの私のように純粋に酸素吸入をすごし単行客、たくさんの美名を慕って来自駕遊者。だから、道中は清浄、独自の思考の時の会話や通行人を引きつけられる中断。というよりは一人旅という場に自覚のない町中パーティー。
山の素晴らしい環境で、緑の草となり、木立が入り乱れて古寺、人文の気持ちを游赏添え。かすかに聞こえてくると読経の声を持って、1種の古風で質樸な息吹、人のよう隔世之感。山の奥へ行けば行く、空気がますます清新で、草木の香りに届く肺肝、思わず欲張り深呼吸をして、更に深呼吸。こんな透人心肺の空気で今の大部分の都市の工業の発展、雾霾重い影の下で、実にせっかくの饗宴。身を置く荫翳涼しい空気の中、ふと感じする人も、昼の繁雑瑣事をすべて山の麓には、剥離。
私は毎旅と乳泉井戸は、夜遊び最高のゴール。「署に直が磐石座って、喉が渇いたから弔瓢掬」行山の人は、多くが掛かっているせいに2つの空き瓶から山の水が素晴らしく、そして取水次第で個人の意思がない約束。疲れた方凳石機、のどが渇いては泉の水、せっかく自在!清冽甘い泉をポットに、頭をもたげて飲み尽くして、1筋の涼溜飲を下げる。という桂平特有の乳泉酒はその水を取って、私は食べたことがありませんが、水と食感れる酒好きで、悪くはない。泉の水がさらさら、為替で成溪て蛇行細長い人工ルート疾走直下、転機が訪れる所、ぶつかって雑生の怪石に涼しい様子が鳴って、琮璔声を、より乐更胜と糸竹のように。月のない夜、山間部、樹林ようカバーは、巨大なブルーグレーガーゼで、早めに眠り。ただ風は起きている、それがそっと撫でると、そのもののざわめき。古い松サラサラと音をたて、浸潤した仏教の住民の心の鳥獣と共に、山奥の幽眠奏でるセレナーデ。人が近づくと、鳥獣を受けて停滯騒がせわけでもない、それはすべて早く予想は、結局、それらが本当の主な山林。
雑談して、听松音、流れを聞き、聞く蝉は人もゆらりまたたく間に、魂離脱した山水牽引され、昼間の上調子の上昇に別の1種の境界。この境地に、深く、自省も、懐かしい。この時もよく、昔読んだ詩文に突入しそう言葉を頭の中にまじる、とけ合って、目の前にして生きてきた情景、現た形になり、見ることができ、感、触れるものに出会った出会いの場。蘭亭の会、曲水の宴、歓談奥ゆかしい感情で悟る老荘「生死、斉彭若死」の偽り、透徹する生死の秘密は、晋人王羲之の哲学。秋夜宴泳ぎ、感嘆韶華のはかなさ、「夫の天地は万物の逆旅、光陰は百代の旅人」に、年月はちょうどこれは渋滯行けず、、盛唐人李白の哲学、山中雨でmatrix mini-i pro、竹杖芒鞋「簑霧雨任平生」、知っても道は行きにくい、私は悠々と、これは当時宋国蘇軾の哲学。集会、宴旅行、歩いて、どんな形で、総欠かせない諷詠、それぞれ編みの文字の中で思想の火種を殘して。古人に舒のうなり、臨流諷詠、すべてまるで遠くないが、悠久の時の流れの中で、すでに万物流転、千百年を隔てて。歳月を一つ一つ明日が今日は、昨日、過去を踏んで無数の离合悲欢;また、満ち欠け、思い切り、独自に帰って、殘るという歴史のもの。
この長い歴史の中で、偉大な発明、高貴な皇帝・、才能豊かな学生の文人。人が、物に、共同織は燦若星河の華夏文明。この重厚な歴史に直面して、人は九牛の一毛、小さな、小さな、目立たない。道理は分かりやすいが、実行するのは難しい。アズ・アイ・アム輩も避けられない、もがき、俗世に絡む、感情に左右。偽りの夢を見ているのかもしれない、例えば事業、例えば旅行、例えば誘惑に満ちた別の生活。しかし吾生が涯。お知らせ光陰のはかなさ、ただ黙々として奮闘して、やっとそぞろ無為;知道の困難は、着実に、やっとを踏み外して転倒;知盈虚の数は、突然の出来事にこそ、悠々と、ある人生の楽観的な姿勢を保つOffice Furniture Hong Kong
から而立、不惑天命を知るには、以上の己は届かない過程。人生のごく短い数十年、倏忽だけ。余所の生活も十分に羨ましいけど、ここでの生活は生命の意義を見つけて。体と心を、現実と夢を共にするここで、今、十二分の精神に打ち込んで今の生活を書き出してこそ、美しい人生。  


Posted by 浪漫刺客 at 17:07笑顔相見

2014年08月15日

前世の心をこめて

朝、雲一つ跌进私の視線は、純白の一面、思わず想いならば菩提の静つかの間、鳥も緑間旋回の朝に首をまた1首の印、私は横になって雲、楽しみ雲水禪の心との自然 alexander hera

にぎやかな都市で、いつも知らず知らずのうちに消えて私たちの心性、あった慧質兰心、曾梦たシンプル安寧、鉄筋コンクリートの解媒の中に消え、煙。
何人か覚えてるあの水墨江南の肩をこする。何人も懐かしいあの倚窓雨の美人の?歳月の交代のが早すぎて、一部の人は結局は間に合わないことを肝に銘じ、俗世の花火をされ、物語の中にの縁は、当時の色を脱ぎました。
私はしたくないしたくない、にぎやかなこのの紅塵の中で自分を捨てた、それらの素静山水、あれらの落日湖岸で、しかし私を占有して全体のかつての夢だ、どうして簡単に投棄?
それでは山水世捨て人しましょう、帯で1粒の優雅な心の一冊の読経の声との経書、朝日の夢の中に、ゆと水と共有の1段の美しい年月。
退職ウソの日、怎は1個の“酔」の一字を扬眉の瞬間、時間を染めない、私を見てすべてを放つ霊性、風はピアノを弾くことができ、花が諷詠で、中隊長穀川の中にの草でもない自分の化粧を見せている。
この清霊の山水、どが私に付き添って温情の?
私は1名の刺繍の女は、麗しい山河刺繍割春の花の秋月の物語はalexander hera價錢、物語の中に、あなたが私に無地山河に出会って、靑石道で再会し、長い琴韵に長い年月が経過する。
私もやってある詩を書く客、前世の心をこめて、その時あなたは私は香茶の神仙眷仲間だけで座っているね、行、年月が自在に流れる水のように。
私はもっとしたいのは、あなたの眉間のあのの朱として、あなたは体の一部を、恋しくて君が恋しいの風景、あなたと遊侠江湖、同生共死。
私自命清高と言わないで、私を責めないでひとりよがり、私は守るあのの渋いの心、君を見つめ。
あなたの言ったこと、功なり名を遂げ、許私田園を行って、それは浮世騒ぐ地方、私の手を携え、水の流れ。
今は君は天下に名だたるが、派手に恋した。声は無駄にしない、私は選んで悩む。
私は知っているすべてのすべて、すべてを傾けて私が多すぎてすばらしい想像、あれらの花鳥風月、執子の手の話かもしれない、ただ私の片思い。一人で自作自演しましたそれでは長年、知ってて马远のに、なかなか目覚めたくないalexander hera。  


Posted by 浪漫刺客 at 17:24笑顔相見

2014年08月05日

も「足を洗う」

世の中、顔と名前が一致しないことがありますalexander hera

  電車の中で背広姿の紳士に挨拶されて、顔はよく見るけど、その人がどこの誰だか思い出せない、ということがありました。翌日、駅で制服を着て、赤いラインの帽子をかぶっていて「駅長」だと気づきました。職業上の制服と私服など、間違いのもとです。

  ある時、恥をかいたことがあります。
alexander hera pre wedding

  会社の部長と歩いていると、知り合いの人に、ばったり出会い、

  「いや、どうもご無沙汰しております。お世話になりっぱなしでどうも。」

  と挨拶されました。私は誰だか思い出せません。

  部長は、ニコニコしながら、

  「須藤君、どちらさんでしたっけ。」

  こちらは、確か取引先のそれも古い担当者だった、としか覚えておりません。おどおどしていると、「随分前ですが、こちらのほうへ変わりまして。」

  と名刺を出され、ことなきを得ましたalexander hera pre wedding

  この後、部長に面白い方法を教わりました。部長は、大勢の部下を持っていますが、一人一人覚えているわけではありません。

  「部長お元気ですか、ご無沙汰いたしております。」といわれると、即座に

  「いやーしばらく、ところで名前はなんといったっけ。」

  部下は名前を忘れられたことに気を悪くし、

  「私、どこどこの山田です。」

  というと、部長は切り替えします。

  「山田君知っているさ。名前だよ、名前のほうはなんだったっけ。」

  「二郎です。alexander hera pre wedding山田二郎です。」

  「そうだそうだ二郎君だった。うんそうだった。」  


Posted by 浪漫刺客 at 12:34笑顔相見

2014年08月01日

春のかたみ

空を埋める 花の色 春华烂漫 青空遍染
移りにけりな わが恋 妾之思恋 随风飘散
やがてすべてが 過ぎ去る後も 时光如梭 万事皆过
あなただけを思う 思君之心 今犹未变

いつか春の夕間暮れ 春意阑珊 暮色渐浓
はじめて口付けした 蒙君爱慕 颊儿绯红
幻のような 香りの中で 如梦似幻 香气氤氲
あなただけを思う 思君之意 天地为证

Neogen code 9 kr
求め合った 悲しさよ 春心百转 愁绪万千
降りしきる 包んでよ 恨似春水 绵绵不断
前もみえず 息もできず 前路茫茫 气息奄奄
あなただけを思う 思君之情 欲理还乱

儚い春のかたみには 春梦缥缈 梦过留痕
いちばんきれいな私を 妾之倩影 可留君心
あなただけに あなただけに 君可记否 君可知否
留めたいと思う 但为君故 惆怅至今

舞い踊る 花の宴 花雨漫天 零落如雪
月は止まったまま 且邀明月 共此佳宴
もう恐れも 嬰兒過敏戸惑いもなく 忧思已忘 踟躇不见
流れ行くまま 身随心动 心逐云散

あなたの胸に この身を任せ 愿将此身 寄于君怀
私は死んでゆこう 妾身茕茕 独向黄泉

前もみえず 息もできず 前路茫茫 气息奄奄
あなただけを思う 思君之情 如磐石坚
やがてすべてが 過ぎ去る後も 时光如梭 万事皆过
あなただけを思う 思君之心 日月为鉴

ああ この声が聞こえますか 春思袅袅 妾独沉吟
あなたを思う声が 美國特價機票思君之曲 愿入君心   


Posted by 浪漫刺客 at 12:20笑顔相見

2014年07月30日

LocalGlobe goes ‘beyond the Klein brand’

ileyard Studios is a nondescript and fairly hidden studio complex in London’s Kings Cross area. A microcosm of the creative industries the U.K. capital city is partly known for, it houses over one hundred companies spanning film and television, music, fashion, and “creative tech”. During the last 18 months, it has also been the home to LocalGlobe, the seed-stage venture capital firm founded by father and son duo Robin and Saul Klein, and one of the most active in the country cloud saas.

Since May 2015 alone, LocalGlobe has backed 45 startups, seeing £27 million invested in 38 companies in the U.K., with the majority in London. They cover multiple sectors including the creative industries, education, energy, fashion, finance, food, health, insurance, property, travel and transport. If there is an industry being impacted by tech, LocalGlobe has probably already left fingerprints on it.

At the invitation of Saul Klein, I’m here to interview him, his father and four other members of the now eight-person LocalGlobe team, none of whom I have met previously despite being one of the journalists who has covered the firm’s investments the most in recent years. Based on my own sources, I planned to break news of a new £75 million fund LocalGlobe closed late last year, but Klein had other ideas Korean skin care.

“That’s not a story that interests us,” he told me unambiguously when I called him for comment last month. He proposed instead that I visit LocalGlobe to meet with the team and find out what the VC firm is all about for myself. You could say that I blinked first.

The destination for our meeting is actually a few units further down from the LocalGlobe offices, which are up a flight of stairs and not wheelchair accessible to this journalist. The room is modestly furnished with a three-seater sofa, a coffee table, a few surrounding chairs, and two round desks. The musician in me is slightly distracted by (and drawn to) the upright piano in the corner, whilst the only sign of nearby startup life is a rather lonely looking foosball table in the centre of the room.

In addition to the two Kleins, also present are LocalGlobe Partners Suzanne Ashman Blair, who has a background in impact investing; Tara Reeves, who was previously Head of Product at Wonga and co-founded peer-to-peer car sharing marketplace Turo; and George Henry, who worked in venture support at Index. We are joined too by Emma Phillips, Operations Director at LocalGlobe who leads the support provided to portfolio companies post-investment.

We’re really trying to build something here that is not about one or two individuals
— Saul KleinFaced with the unwieldy prospect of interviewing six people at the same time, and determined to wrest back control of the story, I suggest that doing a piece on how LocalGlobe is all about the team could be quite bland. “We’re really trying to build something here that is not about one or two individuals, it really is about the team,” counters Saul Klein. “It probably will sound bland until people actually — which we’re hoping today is the beginning of — take the time to meet the people and hear why we think it means something. It’s not just words on a page”.
“What we wanted to do was build something to last. This is the vision that Saul and I have,” says Robin Klein. “When we left Index, it was, ‘let’s build something that isn’t just about making some investments and hopefully helping some great companies emerge, but let’s build something that is going to last and is enduring beyond me, beyond Saul,’ and so on. An institution, if you like, in its own right, in our peculiar way”.

Partner George Henry frames it as “going beyond the Klein brand”. The French-speaking Belgian worked closely with both Kleins at Index Ventures and says it felt like a very natural move to follow them to LocalGlobe. “I think I was honest as well that I wasn’t joining the family office, I was joining a new institution,” he says.

As a burgeoning institution, it isn’t immediately clear what makes LocalGlobe unusual or peculiar, although a number of things do stand out. The team is “multigenerational,” notes 69 year-old Robin Klein, with Saul Klein in his forties and the other members of the team in their thirties and younger. The firm has also been extremely active over the last year, making an average of two investments per month, something that is attributed to the quality of the companies LocalGlobe is now seeing designer brands clearance.

“The entrepreneurs and their ambition are at a level where we feel very, very comfortable with these companies trying to build very big outcomes, and historically, as you know, because you’ve been covering the space for a very long time, that hasn’t always been the case in the U.K. and Europe,” says Saul Klein.

LATEST CRUNCH REPORT

Google Glass for the Enterprise | Crunch Report
Google Glass for the Enterprise | Crunch Report
Watch More Episodes
But doesn’t that mean LocalGlobe sees a lot more crap too? “Of course!” he says.

The firm’s core proposition to the entrepreneurs it courts is that it offers the capital, time and support needed to get to Series A and build the most ambitious business possible. In return, and in an admittedly mixed metaphor, it defines those it is seeking as “surfers capable of riding society’s most important waves,” described as “amazing founders in huge and important markets,” and “black swans capable of being fund returners”. In other words, entrepreneurs that can build the type of companies able to exit for over $750 million and return the entire LocalGlobe fund.

Partner Suzanne Ashman Blair explains that deal-flow typically falls into four buckets: Cold in-bound (“which we do read and get back to people on”), referrals from founders, the VC firm’s wider network, and other VC funds LocalGlobe has co-invested with. “All of those leads go into our Trello,” she says.

“This is also the big difference from five years ago: the quality of the local investment community at all levels,” adds Saul Klein, noting that a third of LocalGlobe’s referrals come from some of the top accelerators including two — Entrepreneur First and early-stage investor Seedcamp — it has directly invested in, along with Telefonica’s Wayra, Cylon, PiLabs, and Techstars Barclays. Angel investors Alex Chesterman, Errol Damelin, Jason Goodman, Taavet Hinrikus, and Brent Hoberman also get special mention.

Given that the VC firm is so active at seed-stage, I posit that LocalGlobe has a disproportionate influence on the startup food chain and therefore the London tech industry’s lack of diversity overall. The “Oxbridge, McKinsey, investment banker” pattern is kind of depressing, I say.

Once we’ve crossed the rubicon then we are all in it and nobody turns around afterwards and says, ‘I told you this was a problem with that company’. That’s totally unacceptable group behaviour
— Robin KleinAshman Blair says it’s partly a “funnel issue” and that, although it has become a lot cheaper to do a startup, it still often requires a period of time when a founder is able to support themselves between jobs. One of the things she says that LocalGlobe believes helps it to get over the “central casting mould” — and something that does perhaps make the VC firm more peculiar than not — is the way its investment decision-making is structured. “We don’t need consensus,” she says. “If one person on our side thinks there is something really interesting about a founder, Saul doesn’t have to be convinced”.
“We have a tag [on Trello] that we call ‘hotly debated’ where we track our investment decisions for companies that don’t get a consensus from everybody around the team,” explains Partner Tara Reeves. “The criteria for making that investment is the same for any investment: is there somebody who is prepared to champion this and feels very strongly, and listens to all of the objections and acknowledges them, but is able to say yes, these are the risks but these are the reasons I feel very strongly that this investment should go forward”.

Once a “hotly debated” investment has been made, the whole LocalGlobe team are expected to get behind the startup, regardless of what doubts any individual team member may have had. “Once we’ve crossed the Rubicon then we are all in it and nobody turns around afterwards and says, ‘I told you this was a problem with that company’. That’s totally unacceptable group behaviour,” Robin Klein says. Instead, it is acknowledged and accepted that there is a rate of failure and that everyone in the team will pick startups that succeed and startups that will fail.

“We look for founder market fit,” adds Henry. “The question of whether the founder is from McKinsey or an investment bank is only relevant in the case of it being helpful for the addressable market. I don’t think we expect for founders to have been through a certain journey”.

Post-investment, LocalGlobe’s operational support kicks in, with the overarching aim to help each startup become Series A-ready. Led by Operations Director Emma Phillips, and with a programme typically lasting up to 18 months, it focuses on the standard startup pain-points of team, market fit, unit economics, and operational setup. Plus, of course, fundraising. But there’s a softer side too, much of which takes place over WhatsApp with each portfolio company given a dedicated group on the popular messaging app.

“It’s a very lonely business starting a company, and all of us have been through it ourselves, and I think the empathy that we have with our founders is fundamental to the relationship,” says Robin Klein. “Understanding what they go through and the doubt, the ups and downs, the constant threat of extermination, the existential threat that they face every day”.

Crunchbase
LocalGlobe
FOUNDED
1999
OVERVIEW
LocalGlobe is a UK-based venture capital firm that focuses on seed and impact investments. Seeding ambitious UK founders since 1999 inc Citymapper, Improbable, Lovefilm, Moo, Tweetdeck, Transferwise and Zoopla. Who's next?
LOCATION
London, H9
CATEGORIES
Impact Investing, SaaS, Venture Capital
WEBSITE
http://www.localglobe.vc
Full profile for LocalGlobe
“The founders that get the most out of our team are the ones that know it is OK to be vulnerable and do let their guard down,” adds Phillips.

With less than a week to go before a General Election in the U.K., which will see voters choose the next government and who becomes Prime Minister, I observe that the tech industry has been relatively silent this time around. That’s in stark contrast to the run up to the 2015 election when a number of prominent figures in the U.K. startup community signed a public letter calling for the re-election of a Conservative-led government. Neither Klein was a signatory.

“From a political perspective, I don’t think it does the startups we work with any particular good for us to have an overt political opinion or bias,” says Saul Klein. “It’s helpful for the startups we work with that we have access to policy makers regardless of who is in office, whether it’s Labour, a coalition or the Conservatives. Through the 20 years I’ve been doing this, all three have been in office, and in general I sort of feel that regardless of party, tech policy has always been central. All three parties understand that tech is a very positive driver of the economy and socially, so, you know, if I’m asked, regardless of my own political opinions to sort of publicly endorse a party, it’s just not something I’m going to do”.

We definitely had a utopian golden era, but what we get post-Brexit will still be I think substantially better than pretty much any other place
— Saul Klein“I personally don’t think any institution should align itself with a political party because you are accepting all of the policies of that party, some of which you may violently disagree with,” cautions Robin Klein. He says it is better to “be clear about the things you are in favour of,” noting that the VC firm didn’t duck the issue of Brexit and was very vocal that the biggest threat with exiting the European Union is the question of talent and freedom of movement.
“I lived through an era in this country where we had the ‘brain drain’, they called it, because the U.S. was sucking up all our great scientists and so on because they were just so well funded, and it’s just incredible for the opposite to have taken place and all these people were coming in. The ability to place an ad and for somebody to apply and join and they come over the next day and they start working for you, I mean that’s gone. And that to me is, I dunno, a tragedy is too strong a word, but I think it’s damaging to our industry”.

“We definitely had a utopian golden era, but what we get post-Brexit will still be I think substantially better than pretty much any other place you can go and work, unless you wanna go and work in Berlin and Paris,” counters Saul Klein. “Personally I think London and the U.K. are so far ahead of other European tech hubs that however progressive the policies of Macron or Merkel may or may not be, in relation to tech they have a long way to go, and the U.K. is absolutely not going to stand still”.

It would seem that LocalGlobe isn’t standing still either. Not only does the firm have £75 million in fresh capital to deploy, it is currently adding to the investment team, with openings for an additional Partner and Associate, along with a number of other positions.

I also learn that 15 per cent of LocalGlobe’s funding is earmarked for “strategic investments” outside of the U.K. Historically, this has included the U.S, Israel, Berlin, and Paris, and Saul Klein says the firm is also starting to eye up opportunities in Africa, where it has already made three investments, as smartphone penetration increases and the continent makes claim to some of the fastest growing economies in the world.

He and his father were both born in South Africa and Klein makes the point that “London is often a great starting off point for entrepreneurs who want to operate in Africa,” citing local knowledge and the city’s historical ties. He also believes that if and when African tech companies go public they’ll choose to list in London over New York. “It’s a small piece of what we do but we’re definitely starting to see more interesting deal flow,” he says.

My allotted two hours with the LocalGlobe team is nearly up, and — after noting that it is fairly unusual to spend this amount of time with almost the entire personnel of a VC firm — I thank Saul Klein for the opportunity and begin to wrap up the interview. “Don’t you want to talk about the fund? Because I know that was meant to be the news,” he teases with a wry smile. “Of course”’ I reply matter-of-factly, before reminding him that it was the one part of the story I already had: “I mean, what’s there to say? It’s a new fund…”

  


Posted by 浪漫刺客 at 12:15笑顔相見

2014年07月24日

ある小さな男の子が

ある小さな男の子が、誕生日にすずの兵隊のおもちゃをもらいました。
一本のスプーンを溶かし直して作ったもので全部で二十五人揃っていましたが、そのうちの一人だけは足が一本しかなかったのです。
この兵隊が一番最後に作られたため、すずが足りたくなってしまったのです。
それでもこの兵隊は、一本足のままCloud Hosting、しっかり立っていました。
男の子は、ほかに紙でできたお城のおもちゃももらいました。そのお城の入り口には一人の踊り子が片足を思い切り上げて踊っています。
「ああ、あの踊り子も一本足だ。ぼくのお嫁さんにちょうどいい。」
一本足の兵隊は踊り子に一目惚れして、その夜はおもちゃ箱の中で、踊り子から目を離さずに過ごしました。
ところが明くる朝、窓辺に置かれた一本足の兵隊は,隙間風で窓が開いた拍子に4階から下の道に落ちてしまったのです。
それを通りかかった腕白こぞうが見つけて、新聞紙で作った船に乗せて溝に流しました。
「どこへ行くんだろう。速く、あの踊り子のところに戻りたいな。」
速い波に揺すぶられているうちに、新聞紙の船が破れて、すずの兵隊は水の中へ沈(しず)んでしまいました。
それを餌と勘違いした慌てんぼうの魚が、すずの兵隊を飲み込んでしまいました。
やがてその魚は漁師に釣られて、それを買ったある家のお手伝いさんが、魚のおなかを包丁で切り開いて、ビックリ。
「あら、この兵隊はたしかdiscount designer handbags。」
なんと、魚が買われていった家は、元の持ち主の男の子の家だったのです。
テーブルには、あのお城も載っていて、踊り子はあいかわらず足を高く上げていました。
「やあ、ようやく帰ってきた。ただいま、踊り子さん。」
一本足の兵隊がじっと踊り子を見つめていると、持ち主の男の子が一本足の兵隊を掴んで言いました。
「一本足の兵隊なんて、もういらないや。」
そして、燃え盛るストーブの中に放り込んでしまいました。
兵隊は自分の身体が溶けていくのを感じましたが、どうすることもできません。
「さようなら、踊り子さん。いつまでもお元気で。」
そのとき、ふいに窓が開いて風が吹き込み、紙の踊り子がヒラヒラと舞い上がると、ストーブの中の兵隊のところへ飛び込んできました。
「やあ、来てくれたんだね。ありがとう、花嫁さん。」
やがて、紙の踊り子は燃え尽き、black volume creamすずの兵隊もすっかり溶けてしまって、ハート型の小さなかたまりになりました。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:55笑顔相見

2014年07月18日

大会絶望のネイマール

大会絶望のネイマール、「W杯の夢は奪われた」
Neogen black volume cream
負傷によりサッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)の残り試合の出場が絶望となったブラジル代表のネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)が5日、けがによってW杯決勝の舞台でプレーする夢が奪われたとコメントした。

 ブラジルサッカー連盟(Brazilian Football Confederation、CBF)が発表した声明の中でネイマールは、「W杯の決勝でプレーするという夢は奪われてしまったが、世界チャンピオンになる夢は終わっていない。まだ2試合残っており、トロフィーを掲げるためにチームメイトがすべてを尽くしてくれると信じている」とコメントした。

 ブラジル代表のチームメイトは、ネイマールがヘリコプターでチームのベースキャンプ地テレゾポリス(Teresopolis)を離れる際、同選手をたたえた。
tom ford sunglasses sale
 スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)に所属する22歳のネイマールは、4日に行われたコロンビアとの準々決勝でフアン・スニガ(Juan Zuniga)のタックルを受けて脊椎を骨折し、残り試合の出場が絶望となった。

 一方、コロンビアサッカー連盟(Colombian Football Federation、FCF)の発表によると、スニガはネイマールに対し、「ブラジルとコロンビアの試合で起きたネイマールの悲しいけがを心から後悔している。今回の出来事は、試合中の普通のプレーの結果であり、自分には悪意や不注意はなかった」という内容の書簡を送ったとされている鑽石能量水系統


  


Posted by 浪漫刺客 at 16:55无言微笑

2014年07月16日

一人っ子でわがまま。

昔からよく「一人っ子はわがままだから」という言葉を聞く。

理由としては「きょうだいがいないため、王様状態で育ってきているから」とか、「競争相手がなく、差をつけられることがないから」「理不尽な目にあうことがないから」などといろいろな言い方がある耳穴治療。でも、結局のところ、親の育て方次第の面は大きいと思うし、個人差がかなりある気がする。

実際、「一人っ子=わがまま」に当てはまらない子も多く、個人的には、きょうだいがいる子よりもかえって“空気読み”だったり、遠慮がちだったりする子が多い気もする。
また、「競争相手がいない」からこそ、ガツガツしておらず、何でも他人に快く譲ってしまうお人好しや、親の愛情をたっぷり受けているだけに、意地悪なところのない素直な子、揉め事が嫌いな平和主義の子も多い気がするのだが……。
これってなぜなのか。精神科医で、「ゆうメンタルクリニック」総院長の、ゆうきゆう先生に聞いた。

「一人っ子の場合、『兄弟で仲良くしたり喧嘩したり』という経験がないために、他人との接し方には一歩引いている子も少なくありません。周囲に同年代の子供がおらず大人だけの場合、大人同士のコミュニケーションを見て学んでいくケースが多くなりますし、それをベースに大人と接していくためにreenex 效果、かえって自己主張を控えるケースもあるんですね」
そのため、「極端に周囲が自分にだけ甘い」「子供だから大人は皆甘やかしてくれた」という環境で育った場合を除くと、一人っ子の方が大人びた態度をとる可能性が高いそうだ。

「また、大人に囲まれていれば『大人の機嫌を取る』ことや『大人のルールで言動を決めていく』ことで順応していくことも考えられますので、そういった意味でいわゆる『いい子』になってしまうこともあるでしょう」
確かに、大人の中で育ってきた一人っ子は、大人の話がよくわかり、聞き分けがよく、大人にとってすごく扱いやすい子というケースも多そうな気がする。
「加えて言えば、大人同士の『表面的な付き合い』『本音と建て前』というものを早いうちから使い分けるようになってしまい、なかなか人と打ち解けられなかったり、孤独を感じたりすることもあるのです生意頂讓

「子供同士のコミュニケーション」で学ぶのではなく、常に「目上の顔色をうかがう」というくせがついてしまったという人も多く、実際のところはわがまま(自分を通す)ではなく「他人に流される」という人も多いそうだ。

ともあれ、「一人っ子」は誰でも本人が望んだわけではないだけに、周囲が考えなしに「一人っ子はいいね」あるいは「一人っ子は、かわいそう」などと言うのは、余計なお世話であり、避けたいところ。

「一人っ子=わがまま」という一方的な決めつけ・言われようにも、ひそかに傷つきつつ中醫 糖尿病、「揉め事がイヤ」なので、否定せず流している一人っ子は案外多いかもしれませんよ。  


Posted by 浪漫刺客 at 12:19笑顔相見

2014年07月08日

十年かまた私を思い出して

10年という長い短短くない、十分に多くのことを忘れて、心はちょっと印が希望時間がだんだん薄れて漂白。もしかすると印は濃すぎて、もしかすると短い時間、10年はまだはっきり覚えているnuskin 香港


江南の初夏には雨が多くて、しとしと二週間、今日ようやく晴れ。気持ちは雨に感染した、依然として憂うつ憂いてい。雨と憂いと悲しみを最も人の心からのもの、いくらくらいぶりも深く埋め根こそぎ掘り起こしほど多くもだ。

知り合って十年も未知り合いに十年。実は本当の時間を一緒に有数、しかしこれら屈指の日々を十分に私の一生を回想して。

胸を打つのが痛いのは最も深い想いの波、往々に心の底で出て、心が痛くてたまらないように引き裂かれ、ははっきり覚えていないくらいの夜は恋しい思いの涙が私に付き添って眠るnu skin 如新
。君に私は何にも抵抗力を切って、理は乱に自分とは思わない。私はあなたに知りたくない私はあなたの感じに対してもっとたくなくてあなたが私の心の重みで、あなたを恐れて私を見て、あなたを恐れて軽蔑の耳を貸さない。

時を見に行きましたあなたの空間の動態、あなたの笑顔を見て。見つかるほどの情報を見て。毎回「失敗」。あぶれる。見たのはもっとつらいが、あなたの愛、あなたは私の夫は、私が。

やあ!あなたもたまには私を思い出してnu skin 如新

?  


Posted by 浪漫刺客 at 16:11笑顔相見

2014年07月02日

私は好きを支えていて

私は出港所の火種になったその漆黒のような白い波を、私は好きでスタートした。「到着した场所で、昨日ホペクボよ。山の再ブルー、その水秀、风の再優しさ。太の深さの人出が浮浪一種の绊を引っ張ら両足のだけではなく、そして未来だ」と話した。香港如新集團(アンディ汪国本当に『私の好きな出発」)
私は花のソロで、「take me to your heartと百合のようにられてきた彼女は、歌を歌っているとヒバリのように美しい歌声に、寻梦へと旅立った。
私は星の夜、錦▼巨船を見ていると、もし星島の間に、やおら、余裕をもってする。ふっと振り替えの上には、わからないからでは、星に墜落し、海の上にするのか、それとも漁火に入学したあの空に。
私は好きの紅葉が残りの晩秋、落書き満紙想いが鮮やかな落花あいだ、相思の季节で踊っだった。
私は雪片があふれる舞の冬にたたずんでいた。窓の前に目を馳せている屋外の氷と雪で、家のぬくもりを感じた。
私は好きは分かれた四季が濃縮と一绪にいて、ぼんやりとしました。一叶知秋の私のことを見て牛郎星と渡したというが、夏(しかないからこそ、夏季の夜空を見ている二つの星);帰宅の足音が闻こえ、見事に数えた渺茫杳ぐらいに冬になるという。
私は「たどっ妖獣を患い」の成功の時、「登高壮観天地间」で香港如新集團、「一日を見尽くし長安花」。
私は「実在」の失意のあまり、兀立舳先を両腕を広げていて、まるで小鸟をひろげてひとペアの翼をつけ、風吹けども、雲は頭の上をかすめ、时间は指の間を滑り、シャフトを飞んでいます。私は、早ければ早いほど高く飞んで、すぐ後ろの悩みが私までとても遠のくばかりだ。
私は「冲突」の暴風を前にして、恐縮の心悬は素性を加えて思いきり震えていた。遁逃内の恐怖に気をつけて行ってしまった。生死はすでに度外视しなければならない。これ、「いずれにしても、"风吹浪打かっ歩だった」と話した。
私は「清風徐来,这可是细活」の雨风を過ぎれば、临风凭栏を眺め极目を取り上げるのは、海の优しいひこっそり入って私。私はそれのように优しいタッチしなければならない。优しさ、私は远方のだ。彼女のことを思い出した。
私は四海漂泊の日々に、受話器を上げ、ダイヤルを私の最も熟知した番号だ。電話に出た人をこうむっている「リップ未啓笑先から闻いておりました」と、あの人は私の探している人物だ。
私は相思(通の季节は、敬虔な心を抱いて白纸に书き込む三黒字:「私はあなたを爱する」と述べて、殉死重厚な気持ちと一绪に荷造りをお送りします。一人があったとすれば、今回の3つの字のこもったわたくしなければ、彼女は私の爱した人だ。
私はゆっくりな暇がある中、彼女の気持ちを细電燈のを眺めていたが、素笺奔でははげ涙私ともいって自分と话す「あと一4歳の男児の母、がそれほどまでに脆弱だ!」は言って、心はすでに涙だった。嘴鳳长三尺の私が好き、五十歩百歩」だった。
私は形影相吊の歳月の中で、黄色の记忆をかぶり香港如新集團、物寂しさの気持ちを口に咀嚼は、噛んで一枚の青々としておきながら、オリーブ、苦みが味わえる。
私は明け方ごろ日の出を見る。私は夜明け前のその鱼肚白、飞び海水面をしていた時代、とともに霞光なく心を通り過ぎて、毎日のようにと見方を散らす。朝の光熹微のうち、1次勘定に受入れだった。もとは、短い寿命も、のように咲いている。永远の光を放っている。
私は黄昏が来たら、と見る「落霞孤鹜」を付けだった。私は夕日で海水と盗まキス、馳せ過去あれらの憎らしいほどの时间を放っては懐かしさを静める次第、夕暮れの染欲望のさざ波次第で、碧波漂っていた。ふと気づき、照れた顔が全世界の手が随行红酔った。
私は星点灯の夜、见て流星群に寄って夜空を叩いて、この地球の上に置いた。私は好きに直面して流星群円な愿い事を约束したし、願いが手分けしてということが、天の有利だ。
私は満月の夜、闻いて静寂の夜空を掻かちくちく凄みのある狼嚎遭遇狼の非凡させ、私の体悸颤回だった。私が话す「狼」に色が好きで、ただ自分も狼のオオカミ——车宝飞ぶように、海の上に君臨する海狼だった。私と私の家族を引こうとしていただけにもうひとつの「狼トーテム」の神話を作り上げた。
私は深夜、読む自分に爱してある本ですが、思想フィットサルーン黄河黄山を越え、長江長城、西双版纳の色まで、肌で感じるモンゴルの草原の大きさよりも、文明の快さ……時空たり、感情、味わっ荘子の超脱、诗歌の隐逸、岳飞の壮怀、51の力投……沈没したり、蘇東坡に心身を染め缅の「レッドクリフ」の豪快に着飾るの気分は李清照「凄凄たり慘慘たり戚戚たり」の感伤的になった……
私は孤灯下引続き創作させ、言叶遣いの方块字、与えて、疲れている砌起造りの万里の長城を嘉峪关と山海関よりしっかりと連携している;落書きをしたり手の精神に心のよしみで、融汇壱缕一縷て万里長江は、唐古拉山を出発して、高まっており、奔流滔々だった。
私はできないチョンシン読書や引続きの創作に冥然は忽然として座り、命の真の意味が禅悟の瞬間に咲いて、是非をわきまえるチュウンチョンブクドさせ、かたきは全てなし、と笑った間;香茗あなた时やささげる一杯で同じ釜の飯を纸烟、霊感があたりの灯が、暗香浮ついた夜景に思い切り揺らめく。
私は他人酣眠の深夜、早起き作業(実は、これは私の仕事上の必要として船舶2副)だった。この世界で、私は毎日、目が覚めると、最も早いな人だ。私はいつも时间の先端を规定され、定められました。ある日、时代の先鋒(恐れ入りますが、へ吹いて大きくなって、およそ文字中毒に過ぎない)だ。
私は他人から覚め)ごろ、ひっそりと寝つくことだ。▼この地球上で、私は、絶対に下位サンショウウオ異色の群れだった。私は好き離脱既成の轨迹を追求するスピートの出しすぎで運行する駐在のもう一つの人生だ。
私は好きなんて夢みたい。私が梦をのばしてひとペアの貪欲の手を取って、梦は目は迷わず私にすべて;現実が、いっぱいだった「ケチだった。私は好き仮想夢殿の私を満足させるためにも、逆らえず現実は私のきずなです。
私は风を闻くことが好きで、听雨香港如新集團……一切の音を闻いて、风声、雨声、私の読书をちくちくと云々します;私は好き远家事や国賓、天下の事をごとに、私の食事谈资・潾素材である。
私は好き吹いて引いて場末だった。私は気の毒で自分の人生の旅の途中で、アタシの好きな用のサクソフォーン吹响帰宅を渇望しているのです;私をあびは水のようなお月の下で、私は好きです二胡でお别れの愁肠叱りつける;私が、記憶していた青青キャンパスを造成して、私は好きではギターを弾きロマンチックな爱情です;今僕はあいだ広い大海原を、私は好きで、青春歌唱豪快になろう。
私は好き種の、と彼女のように美しいバラ、彼女と同じに清瘦のコスモスの、と彼女は同じ聖潔の百合に、彼女と同じに幽闭の素馨だけではなく、彼女と同じに細い愁しがらみのライラック……私は、韓国軍が分かりやすく、すぐに咲く咲な笑みを浮かべた。この世界で、诚実な笑颜を—花の美しさがより大事だという。
私は好き养鱼だった。私は好きと魚のように自由・无尽の生活をした。思うに、私は鱼、爱してるのは水のようだ、鱼に水から脱け出すことができないので、私の生涯のわな运命の爱したんだろうか。私は、お鱼養は心の中で、私の心の中に诘めて海を眺めていた。
私は好きを支えていて、一人で油纸伞彷徨でそこに长くて、长くは寂しそうの船上に希望を炊いて话したように、細いソウハクヒエキス愁しがらみの娘になりました。私と彼女があることで、かつてとデッキのように幽长の雨巷中で知り合った。私はそれらの名残りを比ぶれば梦幻の青春の時間を過ごした。
  


Posted by 浪漫刺客 at 12:40无言微笑

2014年06月27日

不結果の花

六月の雨で、いつも約なく、もたらした清涼清退た傾城の暑さ、少ない淡い上調子。すがすがしい風がそよそよと吹いてを抜けて、木の枝や葉っぱがざわめく。
変わりゆく季節、晴雨は定まらないで、ただ私に漂い在選擇按揭中介的時候選擇中潤這樣優質的財務機構才可以更安全、更可靠。中潤物業按揭公司是一家持有公司註冊處登記的放債人牌照,是為各業主們以及各中小型企業提供一個銀行以外的優質信貸服務的企業,

、ずっと一人の影、どっちつかずの距離を保っている。
私のものぐさの目、浸透君とびっしりとのチャット記録には、読んでいる心の中の最も美しい品無心が出来ない。は一字一語の平板で、タッチで最も真実の心の優しさ、二人は激動の鼓動。空にネットぶり飛来の愛、私はまずは驚き、そして胸いっぱいに彷徨う。
透明なネットワークを通して、私たちはお互いの心が見え、ハッキリとの期待。私たちにできることがしかは心が動いただけで。目の前に通じている道、近づけない容赦分。私は知っていて、私たちは簡単な人生だから、様々な懸念を縛り付けて、更に美しい夢夢の中で飛んで、結局は逃れられない宿命の手配。
物語の中のあなたの万種の風情、雲煙越しに、酔わせるように囲まれて色を乗り回し、この夏一番肉感的の花事。千山万水の電話を越えて、雲の中から飛来したメールが氾濫している、無限の優しさ、軽々しく捕虜一弱い心。あなたの視線を合わす一瞬、私はすでに溶けて。二人の世界は、乾坤、愛情はこのようなエクスタシー、小さな喜びで、フル無限の憧れ。

人の言うことは、愛情はキューピッドの矢を放つ。もしあなたは不幸に命中され、矢は傷ついて。それでも、あなたはやはり我慢して痛みと一人の心臓に熱心で互いに愛し合って、痛いのエッジを探して、幸せな感じ。本当の愛はこのようにして、傷ついて、1度の感情の葛藤が激しくなっても、彼とがむしゃらに徹底的に行う。
私もあなたと天涯に遠くて、風雨に揺られても共1度の果てのない旅;私も、ひとつない他人の桃源郷で、君と手を携えて耕して、一生が過ぎ終わって簡単に幸せな時。
しかし、私の心の中には容、彼女もまた入るあなたか?唯一の結果、私が選択できる退避し、選択を遠く離れて、選択。自分の限界を守り、私は非情で、ただお互い傷させたくないから。もとは、最も深い痛みは、蟄伏あなたが見えないの片隅で、最も深い寂しさの中で、最初の萌芽と喜びを守るのに、できないあなたの手をつないで。
愛のような花は枯れ、土壌、定められてしまう。
香水は毒があって、魅惑の一人の時は彼の心を奪う。愛は情が深く一人の魂が見に来て、ますます深くはまり込む。
人の世はいつもあまりにも多くの悩み、重復山、水のように義工活動1粒の小さい心はそんなに多くの重さに耐えられない、知らない、また憂鬱に詰まっている。愛ではなく、感傷的で、1粒で簡潔な心の世界を見る纷纷扰扰、もう二度と忘れない。
私がはっきりしていてくれて、手編みの幸せは止まって、夢の中で。かもしれないいつの日か、すべての夢は目が覚めた、経験したことになる、埃と同じの過去、思わなかった、1度繁華の饗宴、最後に変質して果てしない物語。私たちはただをあまり楽しくない、軽く、空白の紙に広げて、淺い深い足跡を殘してあるいはあるいは、味がありません、音がない。あの雲のように、窓の外で、これまでて跡が、すでにを渡る。
歳月が過ぎ、非花花、霧は非霧は世の変転変化。そこで、私たちは探して予約の風景、もう約束しにくいあなたの承諾。私は星のような、あるいは、1本の楽曲と、あなたしか見て耳を傾けて、永遠に届かない。では、あなたに立って遠くを振り返ると、ここ、歳月は無事なように、心の底で中深静水溝渠を流して過ぎて、あなたの顔はまだ静か戚?
回転の浮世喧騒、止めない、暴れにくく、その後も、荒廃のすべての努力を。以上はあなたに付き添って、最後までを、私は咲かない夢の中に落ちのこの段、生命の奥に殘って、少なくともまた兆しが見られる。ただ實德、私の心をつけたホコリ、とっくに消えて鮮やか。  


Posted by 浪漫刺客 at 16:32无言微笑

2014年06月25日

He said they have many more music licenses

Ljung was combative: “We’re one of the largest music platforms in the world. Even just yesterday we were in the top 20 of all the apps downloaded in the app store. So we still have an enormous user base and growth and engagement. So the platform is still growing. Creators are huge on the platform. The numbers of tracks are still growing. So everything in terms of the business is doing well He said they have many more music licenses.”

He said they have many more music licenses, and now ad revenues, subscriptions from Go and Go+ products.

But, I asked, could they have not foreseen these coming problems earlier?

“We decided we’re going to grow our way into this. We doubled revenues in the last 12 months. We decided we would take more control. We laid off 173 people, that’s a considerable cost-saving, consolidated offices, our users are going up, revenues are doubling and the reason for this is we’re taking more control of our own future, creating a path to profitability and ensuring our independence at SoundCloud wedding planner
.”

He refused to answer if they had previously been trying to raise a rumored $250 million, but did say: “We are fundraising at this point, but that’s not as interesting as music on the platform… We have licenses with pretty much the entire music industry and are very supported by the entire music industry. We’re monetizing content for the industry. And these days we have emerging talent on SoundCloud. The music industry is supportive.”

I put it to him that not all in the industry were supporting: They compete now with Spotify, Deezer etc.

“We are building an independent SoundCloud, which is completely unique. You can can find artists there that don’t exist anywhere else. Many are the next ones to accept Grammys. There is tremendous financial and cultural impact on SoundCloud. It will stay strong.”

But he continually batted away rumors of an acquisition.

I put it to him that SC could have built a truly disruptive force, against the old-fashioned music industry. Why didn’t they do it?

“The truth is some artists get lots of support from the established industry and some do it all by themselves. SoundCloud is for all those artists. We wanted to work with the music industry not against it. Artist independence and control is at the heart of SoundCloud. The last 10 years have been incredibly exciting. You don’t have to go to a major label because of SoundCloud. That allowed artists to share, and it created options for them [they didn’t previously have Cloud Computing Services & Solution Private Network

].”
  


Posted by 浪漫刺客 at 15:47无言微笑

2014年06月23日

懐かしい1段の簡単な歳月

いつもやすい季節の風、懐かしい懐かしい一段簡単な歳月。
いつもの年に離れて、ぼんやりとの間に古ぼけた土城壁、棘の道はとっDigital Signageくにかわり唐草。記憶のその時々に真夏セミ鳴いて、濃い緑の季節で涼む。
めくっている黄変の古い写真、あの若い顔は何年くらい前?写真のおばあさんは黒髪で、とても簡単な装いで、私と兄の左右を引いているおばあさん、茫然としたレンズを見つめて。その時、村の中の子供と一緒に山の気が狂って、いっしょに放課後まで山の斜面に怪談を一緒に、春に、山へ行って桃を梨花;一緒に初夏に金を野ハーブ食べ物を買います、一緒に雨上がり山へとるキノコ;一緒に夏干上がった時川の中へ行って魚をとっている;一緒に下穀折りクチナシ季節置いて田んぼに抜け替わる根植え付け;一緒に山をめくっている石を探してたまにムカデ両替を引っ張り出して2つの蛇、とても穏やかなのをしていて浸して薬用酒を一緒に秋の初めの時に、手伝い収もみ、毛毛体をかゆくて一日;一緒に雪が降る時約人一緒に雪合戦、いろりに焼き卵、落花生を食べて、あの時の雪はまだ厚は白……あの夏を受けておばあさんは毎朝早起きして草を除いて持って帰ってきた半バスケット野果実、道場に毎日夕方も子供をトンボのシーン。
子供と一緒に老人の生活にわかって節約、毎日起きて部屋を掃除することも、知って彼らの時は生市柴熱い良い料理、もう約小さい仲間と一緒に登校する。毎晩点ランプ、薄暗い照明の下で伸ばす面、道は道の工程は、最後まで面盤は細長く、発酵の夜、翌日に干して専門の竹に、干しに晴れの良い日光、そうめんを作った12ax7
写真はその女の子の笑いが甘くて、ハトの広い広場でのんびり探し食、隣のベッドも弾む充息、おばあさんの両方の鬢は白髪に登って、歳月は非情な。人の顔にしわを刻んで、だんだん若くない。今のあなたの年近い80、痩せたようなサル、勾腰で、私にとてもかわいがること。
数年後には親の下宿に孝感で、私は1人のとても自閉症の子供、一人で遊んでいて、好きになった植物。借りて壁の隅の種をまく白菜、ネギ、ケイトウ野菊、太陽の花、ササゲなど。待つ必要なササゲ機の時、お父さんが私に付き添って郊外にたくさん拾いました木に帰って来て、手伝って成長させることができる木組みササゲ、それらの最後に開いている、赤や白の花、やっとを食べました。数年がほとんど毎日家にいって、すべての重心が花に世話をする植物。最後まで大家装飾家、トラックは砂を私の小さな植物園で、当時はとても悲しんで、1番心血でない。この古い時間はずっと覚えていて、その時の私はとても感動自閉症お父さんが私に付き添っている私のやりたいことも、昔も今も、彼はずっと支えてくれた人。
古びた写真はいつも思い出すあの世の変転の本を売っ人、夏の夕暮れ彼はいつも2荷車ドラッグして古本、コードをきちんと、一面に広がる木の裾からの屋台で、ぼろぼろの服と彼の本のように、数元を何冊も買って、たくさんの子供にしゃがんで地上に擦り本彼にも言わないで、いつもライトアップされてから彼の荷車を引っ張って帰る。今日、私は久しぶりに再見たあの世の変転売りの古本の人。日や本を売っ人のように戻れない、あの時のような血色の夏の空はまだずっと頭を忘れ。
懐かしい故郷の笑い、懐かしい過去の時、懐かしいあの時は若いあなた。
生活の足どりはあっさり殘したが、私は時間の流れの中で努力して、過去に戻れない今は生きる!あれらのすばらしいを胸のどこかに、今の時間のあか抜けて。忘れないは永遠に存在する限り、alexander hera私たちの生活の快適させられ、懐かしの過去、私は大切にした今、私は愛のあなたは永遠にすべて。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:49无言微笑

2014年06月20日

負荷深い回復それが大事

高校の深夜、座って寮で窓の私たちは、あなたの私に対する好奇になって私を探したいあなたの神秘的な、その後段階の増加は、そのあなたがくれた震撼させ、私の心はかゆくて、認めたくない最初の交渉は多数の成分を試しているのがわかるよあれは1種が願って探す探して分かったやっぱり掘った。もう一人の私を、そしてvacuum tube君が私を連れて光まで、できなくても、太陽がつけても、暗いも干す。理性を激情、明日も麻酔の痛み、あなたこんなに親切勢いは自然には勝算を握り、私を許して、感覚が麻痺してこんなに長くて、言えない冗談とギャンブルはきっと誰の態度に、自制とまじめで、あなたに教えて、正しい人に出会って幸せは簡単。

外に見えるが、懐は、あなたが知っているこの祝福で、緻:雪梅''

あなたに深く回復。。。「コンのひと、縦のない美しいこの8つの字を流す。。あなたが好きの多いジメジメ赤心風情。女は経験し時の焼錬こそ、まろやかな味、だんだん色褪せた無邪気さは、混雑、冷たい、義理もよく、かもしれない持っている妄想と野性、そうかもしれない人も臨深淵、かもしれない千年老樹のように、古いプーアル、あれらの徹が透ける凛寒い寒いと地味なそう、自分が一番知っている。幸い、感情の道の上で私は行っていないいかなる回り道も執着せず、家族以外の温もりがある場合は、他の暖かいならば、それは遥かの空、神秘の海、観光浮きの彩雲、綿密な思想、ひと山の束の本がもたらした暖かさ、無人の揺るぎない。私はこれまで曖昧の味が好きで、あわてなくて失って、一緻しない、一人だけ後味のぼんやりし。。悲しみをひときわ鋭い、ストーリーを経験したあまり繊細すぎて鋭い。その20年余りの単独で、一人でやっと澄みきった自分の本質は何、過程の中でずっと待ってから、ずっと自分を改善するためで、ずっと仕分け生活すべてかどうかは私の様子。今から自分の本分を守って、自分の心の中で、今から安定した自分のほぼ性格で、今はもう知っている私が最も幸せ心平や風景のなまめかしい。。あなたが知りたいのは、彼が私の予想は、例外。私は彼は私の自然Sculptraに、私に必要なのは、友達も師も友も父も兄は、一緒の魂をスケッチ。彼は予想も例外ではない、私はやっと願い一人の身分を明らかに私の友達を連れて世界の姿、社会はとても深くて、人の世はとても深くて、あなたが自分の包みを強く感じを思う存分でその時、だんだん心をロマン、心の底に暗い、心の底に低哑分かち合う一人だけ聞いて、1人に分けてあげないから聞いて、別の精力を他人。私はずっと堅持して人の内心は静かで、心の園子修籬菊は、地の菊の花の香。私はずっと通行人の正体を他人や一晩で急に金持ちに一夜有名になって、そして静かに自分の生活を過ぎます。あなたがあなたの身分を女性に敏感、興奮、信じては、妥協、弱気の代名詞時、あなたは身を滅ぼす。私は真剣に自分の一生。あなたは私にも発表し、世俗のそうした高揚。いいえ、これは少しも張り切って勢いが良くない、心の情熱から性格の薄い涼ずっと抑えてもう抑えて、今もただ初めて現す毛足。あなたにも心配いらない自分が変わった様子で、独立のために勝手な品格は深く私の骨髄、私に必要なのためのすべてとだけ、気持ちの快適に関係なく、私自身が元の生態のバランス。思想の契合するかは、おそらくだけ好きな二人の時の姿に、自分が起こして最も本当の部分、心の束縛が多くいくつかの責任だが、それはまだ生きているの自由。

あなたはどんな人が、どんな歌を聞いて、どんな文を書いて、どのような字で、会ってどんな人なのは、私にできるのは、愈しの歌を聞いて、暖かい文を書いて、穏やかな字で、会ってちょうどのため、私はこのような人。だから私はあなたを思って、私は心配して。遠くは美しくて、近くは醜、人心は遠近適して、人はすべてとても分かりにくい自分で、男女の間もない永遠の本当の相互理解、男女間の意味があって、私は互いに知らないのでしょう。私にできる独立、聞き入れない付き、恐慌、二人でもすごく安心。生きること自体は修行で、私はただの似合う人に出会って、それが人生の道の修行するつもり。水の渭、臨風、静かに揺れるだけ、全然変わった心臓の様子。あることを、祈って、ほんの少しの隙間にあふれ出て、石の水滴を凝聚して、私にはまだ明らかにゆっくりと親密alexander hera後にあなたに教えて。  


Posted by 浪漫刺客 at 12:58无言微笑

2014年06月17日

いつから慣れた瀋黙

夏の夜はいつもかすかなさわやかで、私の両手をポケットに入れ、ヘッドフォンでキャンパスの道を歩いて、イヤホンで放映しているあの曲は私の最も愛した「手帳discount designer brands
いつもの習慣を1人で歩いて暗闇の中で、静かに週りを見て行き来のカップルは、黙って見ていた他の人の物語を、私はすでに忘れましたいつからだんだん、瀋黙が自分を閉じ込め、かもしれない……はあなたを離れて以来。
面白いことに、私が見たカップル親しげに話し、見た親しい抱きしめて;見た一秒前まだいちゃいちゃを愛する人が一言でがあう;見た別れの彼らを見たことがお互いに破局。久しぶりの二人が出会ったあの時の涙を……たくさんの画面を私に分からない愛情はどうだった?
そよ風は吹いて髪が私の心、一面のさざ波。こんな夜に、私はまた一回恥ずかしいにあなたを思い出して、あなたの言ったあれらのいわゆる誓い、いわゆるの承諾。言えない恨み、偽物、結局私曾真に考えているあなたと一緒に白頭……

目を閉じて穏やかに自分の心は、自身の涙は、自分の弱さ。だんだん慣れた瀋黙、慣れた自分を閉鎖して、自分の世界には、いかなる人が入る。私は私のお母さん私を教えたことがあっても自分の心の中で抑えることのできない、憂鬱病。」しかし、一番困難の時には誰が来て私に教えて、私はどうやってこの荒涼ですか?最も悲しい時は私は探し出せないで、話すに頼って……
瀋黙の習慣もあり多かれ少なかれ幻想の幻想、vintage tube自分の週りに多くの友人があり、多くの楽しみがあります;幻想は現実の中で実現できなかったことを幻想して実現しました;自分の世界はどんなに豊か……幻想は自分は白黒の世界を補う。
夜の弱さで自分を装って、太陽の光は自分に注意して、私は生きている。ヘッドフォンで挿し込んで、外部のすべての声を排除し、それで自分の心の声を聞くことができて、才能は放任を脱ぐ偽装の仮面をかぶって、黙々として癒し。
あなたが知っているような絶望のような感じですか?あなたがその瀋黙極緻のしようがなさですか?あなたの知っているあのぼんやり白くて感じかな?ある人は分かるかもしれない……結局私たちも経験した多くの事は私たちを浴びせ、傷は笑う私はなんとの弱さ。
瀋黙だけではない愛のために、またその殘酷な現実を我々に与えて重い一撃、自分がなんとのちっぽけさで、なんの一撃にも堪えられない。
昔は習慣的に記録する時間、私はまだ覚えてるあの特別な日に、私は私がかつてあなたのために働いたあれらのあなたの馬鹿にしない、私はまだめくっていがかつてあなたのために書いたずつ思い出……この習慣はあなたの瀋黙の中で暇つぶして、今まで、殘りのもただ私忘れたくないそのかすかな心……
かも知れない、おそらく、瀋黙はだんだんこのわずかな痛みすべて消えてなくなって、しかしそれではまたどんな関係があるのだろうか。私はとっくにあなたを忘れる忘れることを決定して、あれらのいわゆるかつての思い出。
こう考えると、私の瀋黙の利益と言わざるを得ないalexander hera……  


Posted by 浪漫刺客 at 16:26无言微笑

2014年06月13日

美しい空気呼吸

徘徊月光の下で、私は1つのような孤独で寂しいさまよう亡霊。すべての悲しいような光景のように変わらないので、よく読んで一言言葉の発露の世の変転に戻った面、金色瑠璃の壁證券公司.最も苦痛ではないのが機関打算だけの歳月を飢えさせ、その去るをよそに、後ろの時間の中で、私達はどこに散るで行く。
慣れた憂いと悲しみで苦痛の光景を見ていて、水溜り、道端で、無人の荒れ地では、それらの美しい人は、常にいくつかの寂しさの人に配慮し、長い、千裏だけを探して洗って、心の清らかな泉の流れの落日を数えて、情勢が非常に不安定、そして自分を追放。流刑静かの空き地には、希望を邪魔されない、自分が自分で静かな言い訳をして、世間から。そこで封鎖した釦釦空間、またはそれらの人を見て、思い切って断ち切るすべてかもしれない、掻きあれらの期待してぼんやりして、そしてその怒って立ち去る。
月明かりに、ある人は悲しい。月は孤独の旅人、独りで孤独な空にかかって、私達を見ていて暴れるの様子は無関心や暴れたり、不忍、そこに厚いカーテンを引いて。疎雨の1段の光景は転落、じゃ、そうしなければ。
ある人はこの泥壷さっき無華の冷たい茶を含んで、結局はわからない。いつ帰って、1枚の琴、酒、渓雲も孤独も、洒脱。年輪を数え、そして私たちなりの暗闇に歩く人が、通り月光、悲しみやあまりうれしくの正体を書いている私たちの大切な文字は遅くまで引っ張っても遅く寝たくもないし、自分も結局はなぜ遅くして、女の子、何必そう自分。
むしろ楽して下りてきて、自分の夢に入って、自分に1つの静かな心、自分の生活を積極的に向上して、1部の美しい夢は、努力の欲求は、自分を信じるのは美しくて、信じて出会う人。自分を信じて、他人のことを気にしないより、一人でご飯をする、一人で本を読んだり、一人であふれ、自分は少し良くて、自分の精緻な生活肌膚管理

月光は結局は寒い夜、それに属すると物寂しいだろう。暗は光の分割してはいけない、私たち自身もその姿には誰が終始一貫した日光と強さを、誰もが見渡す限りに絶望している。よって、巡り往復の中で、私達は明日に希望に満ちて、自分もだんだん分かってマスターして、マスターして、無関心にも小さな感動や小さな努力していて、その諦めたくない気持ち。
かたく信じて、にっこり笑うととても傾城、あの女子は、少年よ、最終的に成長して、いつかは自分の世界を創造して、自分の靑空。
好きなことをして、生活を楽しむの美しい、美しい空気呼吸、花の香りを嗅いで、生活は美しく。誰から希望と1つのすばらしい未来の、あれらの体から呼んだ、未来を信じて。
偶然、一杯のお茶を浸して、それによって一種類の精緻なあるいは優雅なライフスタイルをしたり、動きたくない、1碗のラーメン食べて寝て、ふやけて一気にが、退廃の後、一回の負傷後、自己治療。そして、もっと強く姿が立ち上がり、只要不死になると、ますますの強さと固め。
もとはあなたもここで、一語一語、お久しぶりです。そのぬくもりの少年は暖かい。その少女は美しくてし。
白月光、それらの傷が言えないで、一緒に成長し、長旅よろめいて、およびと疑って、一回また一回のループの中に、より確かに歩いた。
白月光、散るこの土地。そして私たちとの関係は歳月を蜂。木で、山は、大地が、歳月、私は、あなたはまたどんな美しい世界。
白月光、私たちの心の中のすべての地方があって、すべてとても明るい場所、それは愛と希望の場所が。
物語に終わり、誰も無言で、あなたは信じて、物語の最後に、偶然の出会いは、大往生にせよ、あるいは黙って帰ってしまうのか、あるいはお久しぶりです。あれらのあなたが期待のあなたの最も必要な時に現れて、あなたは歩いてその花びらにあなたの旅の中で、旅と一緒に歩いても、すでに負けない一生。未来のあなたは、今の自分を好きになるので、出発しましょう、ごとに1つの歩く人。  


Posted by 浪漫刺客 at 17:00无言微笑

2014年06月10日

友達との友情

友達で、孤独な困難の時に、私はこの言葉を思い出すMaggie Beauty黑店、かけがえ。
暮然振り返って来た道、多すぎる雨が曇り。経験したのはそんなに多くて、もしかすると不敗のは友情を使うなら、何を解釈するこの特別なもので、私は、永遠には。
人生のごく短い数十年、瞬きの間が過ぎた。この短い歳月の中ですれ違う人が多くて、知り合いの人も多く、しかし歳月の試練を経て、激烈な競争が、最後にいっしょに歩いたことが1段のまた1段の人生を伴う一つ又一つの黄昏の人が少ない。
これは少ないのが本当の友達、友達。
これらの人は持たないいかなる功利の心理。が一緒に傘を差して、雨の中を歩く、が一緒にある音楽思いに溺れ、一緒に彷徨う出泳ぐが一緒に横たわって芝生の靑空を仰いで、考え事を聞いてあなたがあなたと一緒に訴え、悲しい涙、歓楽があってあなたと一緒に馬鹿馬鹿な笑……
これらの人は必ずしもよく連絡が、絶対に忘れない、たまに読むたびに、やはり感じはそんなにの暖かさ、そんなに親切で、そんなにやさしい心。
幸い私の身の回りはずっと存在している人、私に多くを与える私を持たないもの――希望、歓楽、涙、配慮、感動……私の生活の単調させない、私の人生はカラフル、華やかに彩るmaggie beauty 黑店
いくつかの時には特にあれらの遠方の知己を想い、一緒に酒を交わしながら話をする、話したり、笑ったりの日々、、何も考えずについてお互いの生活、愚痴を言って、未来にあこがれています、どんなに逍遥自在。
感慨美しい歳月を経験した時はどうしてそんなにの長い、思い出の時にはこんなに短い、例えば星が流れ、また自ら身を滅ぼすよう、愛しい。
私いつも命をでひき逃げのすばらしい物事をもっときつくて、いかんせんは流砂のような指の隙間から抜け出す。
この時点で、あなた私はばらばらに四方に天涯、願って遠方のあなたは運転している時間の金車、ベンツを敷き詰めて雲錦の人生の道であか抜けて行く。
この世には人だかり、出会いは偶然、知り合いは種の縁で、知り合いになるのは種類の運命。出会いはとても美しくて、再びあなたと出逢って、笑って、一言玩话、十分に詳しく述べてあなたと私の間の友情Maggie Beauty黑店は変わらない。  


Posted by 浪漫刺客 at 11:38无言微笑

2014年06月06日

十分後空白

あなたは私にとても理性、冷静に一定の程度に着きました。
あなたが言う、しかしまた不完全肌膚管理
私は表面は、スマートが悟りを開く。を含むすべての紅塵、人生の紛争。私が見てもわからないで、見て透は、追っかけたたくない。私が知っているので結局は悲しい。
しかし本当の知り合いの人を発見した、だんだんの私の心の痛み、内心の孤独を、胸をかすめたの考え方。しかし私はそれらを間違いないかもしれないの勘違い行動。
私の性格が運命は凡庸の小人物。私は好き斗艳争いフェン好きでない人の目を奪う。私が好きなだけ静かにいて自分の世界に生きている、自分の想像の中で。私は知っていてこれは非現実的な。
しかし弱い私に隠したいだけは自分で設けるの硬直の殻、幾多の警戒心を設置。どれほどの人がこの本の防御線。ほとんどがなくて、しかし私は悲しいと感じません。
一部しか存在して少数者を理解し、多くの人の世界は私を理解しないのも、彼らも私を理解しない世界。その後私ももう行きたくない理解した。心のための負荷を超えた。しかし私は私は希望して、お互いに自分の世界を安らかに。私は知っている多くの人しか私に付き添って1段の道を歩いて、ただ1段の道である以上、私はそんなに尽力し蔡加讚

たかどうか、私はあなたを忘れました。あなたもそうですが、時間を経て、あなたも私のことを忘れた。私達は存在のように公平な記憶の中で、このすべてはすべて間違ってない、悪いのは時間、悪いのは私たちだけで運命に会うためではなく、一生のを待つのがなくて、更に一生に付き添って。
ならば、私は過分な要求は多すぎて、ただ私たちは次の一節にあなたが私の旅行中、よく大切にして。もしかするとこの段の道を、もう二度と会えなくて、たとえ会えて、早くも見ました。感じはとっくに時間を耗费落ちたし、後はため息をつく。幸い、私達のかつてすばらしい時間、少なくとも私たちの間にも良い思い出。十分後空白の歳月を支える。
私は欲張りを求めず、多すぎる。私も最終の結末がわかったので、私は淡々としてすべてに直面する。この道に沿って、どれだけの人が私に近付いて、また何人はゆっくりと歩くのが遠くなりました。私はただ静かに見ていて、私は自分を知っている引き留め、引き留め能力がないので、私は冷静にある人にしか見て私の世界に滯在し、最終的に私の世界の中に消えてゆく。私はただ静かに受け入れた運命の手配、たまにやって無駄にあがき。しかし結末は変わらない。私を受け入れるしかないもの、すべてしかない。不断の新しい人の古い人を忘れて。こうして、慌ただしくの一生が過ぎた。私は捉えられる何ですか養陰丸
?  


Posted by 浪漫刺客 at 13:17无言微笑
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客