2021年11月03日

高リスクの個人はワクチン接種を受ける必要があります

高リスクの個人はワクチン接種を受ける必要があります


現在、B型肝炎ワクチンは信頼性が高く、ワクチン接種後の予防率は90%以上です。頻繁な血液接触、長期の血液透析、安全でないセックスを必要とする医療スタッフなどのリスクの高いグループにはワクチンを接種することをお勧めします。抗体レベルは時間とともに減少しますが、抗体濃度が非常に低くても、ウイルスに対する抗体を産生する免疫記憶細胞が体内に存在することが研究によって示されています。乙型肝炎醫治,そのため、患者さんの情報にもよりますが、まだリスクが高く、心配な場合はサプリメントの作成を検討することができます。


治療法


B型肝炎の治療法はありません。治療の目標は、ウイルスの体への影響を制御することです。ただし、すべてのB型肝炎キャリアが治療を必要とするわけではありません。一般的に言って、ウイルスは活性化して肝臓に損傷を与え始めたときにのみ制御する必要があります。 2つの薬が効果的であることが示されています:


インターフェロン注射:治療のコースは48週間かかります。原則は、体の免疫系の反応を引き起こし、ウイルスを抑制することです。一般的に、回答率は50%から70%ですが、その効果は永続的ではありません。発熱、乙型肝炎抗體,筋肉痛、風邪などの症状を引き起こすことがあります。


経口薬:ウイルスを抑えることができますが、長期間服用する必要があります。第一世代の薬剤は薬剤耐性などの副作用を起こしやすく、腎機能に悪影響を及ぼしますが、新世代の薬剤は大幅に改善されています。経口薬の顕著な治療効果と注射薬よりも副作用が少ないため、B型肝炎の主流の治療法になりつつあります。


B型肝炎患者は平均的な人よりも肝臓がんを発症する可能性が高いため、医師は一般に、高齢者や肝がんや肝硬変の家族歴のある人など、リスクの高い人は定期的に肝臓がんのスクリーニングを受けることを推奨しています。スクリーニングには、がんを早期に発見し、治療の機会を増やすことを目的とした、afpや超音波などの血液検査が含まれます。


関連記事:


慢性肝炎はどのようにして発生しますか?


B型肝炎抗体が不十分です!追加ワクチンが必要ですか?


B型肝炎ウイルスは時限爆弾のように沈黙していますが、できるだけ早くそれを防ぐ方法は?




Posted by 浪漫刺客 at 18:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
浪漫刺客