2014年09月11日

記憶の無恒

性格は年齢経歴の変遷。驚いたように私。に今ますます静かな心。歳月はつるつる角、やはり現実に弓にせざるを得ない。とにかく、経験を連れて行ってその転換。自己管理の口、自己管理の心。私は口下手に随太陽が東から西へと落ちて歩いて、月の満ち欠け憂うつに。もしかすると、生活はもともと好きで物を己だったので、その分べき閑淡の心境としてそれは。あるいは、生命の中で、この時期が過ぎていくでも、しばらくしてそれでそんな心境を大切にする。喜び悲しみ、私は1種の動悸、一回辛酸。company formation in hong kongそんな感じで収集が1種の幸福を、なぜ言う。

溢れる心、心は薄い雲。非淡食で畅志、非素シャツで悦心。過度の追求素静净雅ようで、堂の心度己のように、消えないこの紅塵の馬鹿むさぼる怒って揺れる。愛のすべての風のある夜、それを人に任を吹く合える。愛ある月の夜に、それを凝視して勝手にトスの明眸艶やか。朝の鳥語が好きで、聞いて莺歌歓声で歌うきれない年回り。好きな雨の江南、考え事が続くようにその巻の水晶珠簾。夏花やつけてあでやか、または暗香弱々しくて、いつも1種の風情流連するに値する。雪や軽い飄々として、あるいは柔らかい団団、総少し清涼沁润あなたの心まで。烈日太陽、体験温情。寒さとして、任それ氷結の温かい心。

古のや詩人文人成文必要は良辰、当たる美しい景色、佳人に付き合って、美酒を興。よい時節に美しい景色を楽しん至情いる裏地佳人、酒。呈す者天地人、一気に者詩賦。現代人に会わない昔月、今月はかつて照古人Outsourcing payroll。私は好奇心に彼らの人生。私は試み循その跡は満月の時に、その行方は小さくて探しに際して。そして音楽、酒、愛情、文字、人生誰させるようなものはたとえひとときの専心する。私の愛のよい時節に美しい景色31時。これだけの意味とは限らないじゃなか、酒、数行の文字は、相変わらず興閑情。

突然そんなの念をよけて、歩いていた場所。ㄍ·旧るも、懐が故にせよ。物。人は。気持ち。あの時のあの場所には、多くの動悸の記憶を殘した。は、物は。人非。情は遠く。留められない光陰がいくらかの記憶をつかむ。日月またたく間に、記憶の無恒、惟心ピール中港租車


同じカテゴリー(笑顔相見)の記事画像
彼らも美しかった
彼女はあなた
愛情を追求した
時間の問題に
「人は感慨深い
真美!でも彼女の
同じカテゴリー(笑顔相見)の記事
 自分が遅い (2015-12-10 17:58)
 つくしが俺に何をくれたの (2015-09-02 16:12)
 その時もやけに日差しが強くて (2015-08-11 15:57)
 彼らも美しかった (2015-07-22 12:42)
 歳月の奥のその (2015-06-09 12:21)
 彼女はあなた (2015-04-16 18:03)

Posted by 浪漫刺客 at 16:02 │笑顔相見

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客