2014年09月03日

日光が直接照射

暇なときは、たまに買ってやっていくらかの草、花、あるいは種類の庭に、または、ベランダに置いて、あるいはをホールは、4時の景児は、草花にも精通し。年末年始から免れない時、いつも何盆しおれたしぼむた枯れた。しかしたとえ殘りの根っ子切れの枝、も自分仏、舎てる、待望の来年温風春雨、開催に目が覚めたように泰國自由行
買い草花や樹木時、いつも無駄な無駄なもというか、引っ越しを飼って帰っていいですか?私などの庶民に無知、育てにくいの、最高のは、命を粗末にして。
これは原則、一度に自分をぶつけて協力することが好きなのか、それとも、恋をしたくない、忘れた生命を大切にして、たとえ一木一草。はミラノ、そう。
初期の好きミラノはその香に迷って、艷あかぬけし、久遠の弥香花期がいつまでも続く。はいくつかの花花咲く、短く、なまめかしく、下ろす時の浸食、線香花火。私はない林黛玉葬花の心は、かなりのしっし惜しむ嘆いても。そしてミラノの香、清新な優雅、ちょい縷縷、漫入か。私は物理加内に秘めた人間だから、ミラノに私の人を閉じて私の性。
記得近年前後で買った何盆ミラノ、ほとんど盛花を買って、冬が終わると、花も木も散り、沒落しあなたはどのように慎重にも、清明節の宿命をよけることが。
去年のある日、私は行って見たいと植物園、合意のついでに、数鉢を買って。遠くには、淡い香りがぷんと鬱々と、五臓六腑に沁みわたるをからげる。思わず誘惑、また買い戻し一鉢のミラノ。水施肥、手厚い世話。ミラノ花、小さな巧巧、花びらのもろくて弱い、花期間が長いと順番に開放。いつも家に帰って、ちょうどうららかな日、ますます濃く香り。
冬に至るまで、草花や樹木を全部移駕室内。私はわざわざに引っ越しをミラノ地下室から、以前の経験は、倒れてもあまり希望、たまには水を注いで、勇気もない施肥。清明節は、まだ緑、内心窃思、でも葉も水分がないだろう!
清明祭りの数日、すべての草花や樹木を再を庭で、どんな経験凍氷のずっと栽培は庭の桔树、ざくろの木に映し出される活力に煥発も、春は気が晴れない。
慎重に剪定カットの葉、発見ミラノが生きていて、真冬の寒さを防ぐが溢れた後、深くて、結局命が。私はとても慎重に、枯れ葉を後に、水、土かき、施肥。そして葡萄棚の下に置くため、三寒四温の襲撃を受け、雨や辛い日晒し防止たたき落とす。春風の小雨のことで、庭の小さい命たちが盛んな成長活力に満ち、健康な楽しみ!
しかしほどなく、私は発見してミラノ枝枯れた一本だと思ってから、ついつい季節の交代、越冬後の植物の中でよくある。誰だ日後、何匹も枯れて、かわいがってもまた生きられないうわさ!インターネットを利用して調査して、ミラノ喜陽、一番よく生長温度を摂氏30度ぐらい、私ははっと悟って、いっそ死馬鍼をミラノ空き地に引っ越して、日光が直接照射。
ある日、2日、3日……ミラノ殘留の二つの枝を粘り強く伸ばした腰文具、ゆっくり吐いた新緑、だんだん長くなった横横枝ではあるが、午後、そっと声に配った香り。


同じカテゴリー(笑顔相見)の記事画像
彼らも美しかった
彼女はあなた
愛情を追求した
時間の問題に
「人は感慨深い
真美!でも彼女の
同じカテゴリー(笑顔相見)の記事
 自分が遅い (2015-12-10 17:58)
 つくしが俺に何をくれたの (2015-09-02 16:12)
 その時もやけに日差しが強くて (2015-08-11 15:57)
 彼らも美しかった (2015-07-22 12:42)
 歳月の奥のその (2015-06-09 12:21)
 彼女はあなた (2015-04-16 18:03)

Posted by 浪漫刺客 at 16:40 │笑顔相見

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客