2014年08月15日

前世の心をこめて

朝、雲一つ跌进私の視線は、純白の一面、思わず想いならば菩提の静つかの間、鳥も緑間旋回の朝に首をまた1首の印、私は横になって雲、楽しみ雲水禪の心との自然 alexander hera

にぎやかな都市で、いつも知らず知らずのうちに消えて私たちの心性、あった慧質兰心、曾梦たシンプル安寧、鉄筋コンクリートの解媒の中に消え、煙。
何人か覚えてるあの水墨江南の肩をこする。何人も懐かしいあの倚窓雨の美人の?歳月の交代のが早すぎて、一部の人は結局は間に合わないことを肝に銘じ、俗世の花火をされ、物語の中にの縁は、当時の色を脱ぎました。
私はしたくないしたくない、にぎやかなこのの紅塵の中で自分を捨てた、それらの素静山水、あれらの落日湖岸で、しかし私を占有して全体のかつての夢だ、どうして簡単に投棄?
それでは山水世捨て人しましょう、帯で1粒の優雅な心の一冊の読経の声との経書、朝日の夢の中に、ゆと水と共有の1段の美しい年月。
退職ウソの日、怎は1個の“酔」の一字を扬眉の瞬間、時間を染めない、私を見てすべてを放つ霊性、風はピアノを弾くことができ、花が諷詠で、中隊長穀川の中にの草でもない自分の化粧を見せている。
この清霊の山水、どが私に付き添って温情の?
私は1名の刺繍の女は、麗しい山河刺繍割春の花の秋月の物語はalexander hera價錢、物語の中に、あなたが私に無地山河に出会って、靑石道で再会し、長い琴韵に長い年月が経過する。
私もやってある詩を書く客、前世の心をこめて、その時あなたは私は香茶の神仙眷仲間だけで座っているね、行、年月が自在に流れる水のように。
私はもっとしたいのは、あなたの眉間のあのの朱として、あなたは体の一部を、恋しくて君が恋しいの風景、あなたと遊侠江湖、同生共死。
私自命清高と言わないで、私を責めないでひとりよがり、私は守るあのの渋いの心、君を見つめ。
あなたの言ったこと、功なり名を遂げ、許私田園を行って、それは浮世騒ぐ地方、私の手を携え、水の流れ。
今は君は天下に名だたるが、派手に恋した。声は無駄にしない、私は選んで悩む。
私は知っているすべてのすべて、すべてを傾けて私が多すぎてすばらしい想像、あれらの花鳥風月、執子の手の話かもしれない、ただ私の片思い。一人で自作自演しましたそれでは長年、知ってて马远のに、なかなか目覚めたくないalexander hera


同じカテゴリー(笑顔相見)の記事画像
彼らも美しかった
彼女はあなた
愛情を追求した
時間の問題に
「人は感慨深い
真美!でも彼女の
同じカテゴリー(笑顔相見)の記事
 自分が遅い (2015-12-10 17:58)
 つくしが俺に何をくれたの (2015-09-02 16:12)
 その時もやけに日差しが強くて (2015-08-11 15:57)
 彼らも美しかった (2015-07-22 12:42)
 歳月の奥のその (2015-06-09 12:21)
 彼女はあなた (2015-04-16 18:03)

Posted by 浪漫刺客 at 17:24 │笑顔相見

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客