2014年06月23日

懐かしい1段の簡単な歳月

いつもやすい季節の風、懐かしい懐かしい一段簡単な歳月。
いつもの年に離れて、ぼんやりとの間に古ぼけた土城壁、棘の道はとっDigital Signageくにかわり唐草。記憶のその時々に真夏セミ鳴いて、濃い緑の季節で涼む。
めくっている黄変の古い写真、あの若い顔は何年くらい前?写真のおばあさんは黒髪で、とても簡単な装いで、私と兄の左右を引いているおばあさん、茫然としたレンズを見つめて。その時、村の中の子供と一緒に山の気が狂って、いっしょに放課後まで山の斜面に怪談を一緒に、春に、山へ行って桃を梨花;一緒に初夏に金を野ハーブ食べ物を買います、一緒に雨上がり山へとるキノコ;一緒に夏干上がった時川の中へ行って魚をとっている;一緒に下穀折りクチナシ季節置いて田んぼに抜け替わる根植え付け;一緒に山をめくっている石を探してたまにムカデ両替を引っ張り出して2つの蛇、とても穏やかなのをしていて浸して薬用酒を一緒に秋の初めの時に、手伝い収もみ、毛毛体をかゆくて一日;一緒に雪が降る時約人一緒に雪合戦、いろりに焼き卵、落花生を食べて、あの時の雪はまだ厚は白……あの夏を受けておばあさんは毎朝早起きして草を除いて持って帰ってきた半バスケット野果実、道場に毎日夕方も子供をトンボのシーン。
子供と一緒に老人の生活にわかって節約、毎日起きて部屋を掃除することも、知って彼らの時は生市柴熱い良い料理、もう約小さい仲間と一緒に登校する。毎晩点ランプ、薄暗い照明の下で伸ばす面、道は道の工程は、最後まで面盤は細長く、発酵の夜、翌日に干して専門の竹に、干しに晴れの良い日光、そうめんを作った12ax7
写真はその女の子の笑いが甘くて、ハトの広い広場でのんびり探し食、隣のベッドも弾む充息、おばあさんの両方の鬢は白髪に登って、歳月は非情な。人の顔にしわを刻んで、だんだん若くない。今のあなたの年近い80、痩せたようなサル、勾腰で、私にとてもかわいがること。
数年後には親の下宿に孝感で、私は1人のとても自閉症の子供、一人で遊んでいて、好きになった植物。借りて壁の隅の種をまく白菜、ネギ、ケイトウ野菊、太陽の花、ササゲなど。待つ必要なササゲ機の時、お父さんが私に付き添って郊外にたくさん拾いました木に帰って来て、手伝って成長させることができる木組みササゲ、それらの最後に開いている、赤や白の花、やっとを食べました。数年がほとんど毎日家にいって、すべての重心が花に世話をする植物。最後まで大家装飾家、トラックは砂を私の小さな植物園で、当時はとても悲しんで、1番心血でない。この古い時間はずっと覚えていて、その時の私はとても感動自閉症お父さんが私に付き添っている私のやりたいことも、昔も今も、彼はずっと支えてくれた人。
古びた写真はいつも思い出すあの世の変転の本を売っ人、夏の夕暮れ彼はいつも2荷車ドラッグして古本、コードをきちんと、一面に広がる木の裾からの屋台で、ぼろぼろの服と彼の本のように、数元を何冊も買って、たくさんの子供にしゃがんで地上に擦り本彼にも言わないで、いつもライトアップされてから彼の荷車を引っ張って帰る。今日、私は久しぶりに再見たあの世の変転売りの古本の人。日や本を売っ人のように戻れない、あの時のような血色の夏の空はまだずっと頭を忘れ。
懐かしい故郷の笑い、懐かしい過去の時、懐かしいあの時は若いあなた。
生活の足どりはあっさり殘したが、私は時間の流れの中で努力して、過去に戻れない今は生きる!あれらのすばらしいを胸のどこかに、今の時間のあか抜けて。忘れないは永遠に存在する限り、alexander hera私たちの生活の快適させられ、懐かしの過去、私は大切にした今、私は愛のあなたは永遠にすべて。


同じカテゴリー(无言微笑)の記事画像
不結果の花
いつから慣れた瀋黙
花が咲き、同期
同じカテゴリー(无言微笑)の記事
 できないで、ここに (2015-05-19 20:28)
 大会絶望のネイマール (2014-07-18 16:55)
 私は好きを支えていて (2014-07-02 12:40)
 不結果の花 (2014-06-27 16:32)
 听雨」を楽しんでいる (2014-06-25 15:47)
 負荷深い回復それが大事 (2014-06-20 12:58)

Posted by 浪漫刺客 at 15:49 │无言微笑

QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
浪漫刺客