2014年09月24日

靑赤いリンゴ

一部の人は赤いリンゴを食べるのが好きだから、とても甘くてとてもおいしい。私は愛する靑りんご、やや渋が、さわやかで比類がない。それは赤いリンゴこんな甘いが、依然として自分独特の風味、かつ常に食べ飽きない;それは赤いリンゴそうあでやかのに、透き通って人を引き付けて、もっと繁殖可憐;それは赤いりんごのように成熟し、Maidまた粘着面が少しも感じは、靑嫩汁とシリシリの果肉。

まさに愛情のように。恋の最もすばらしい時は確定した関係は長く付き合っているからではなく、当初曖昧がはっきりしない時。その時、あなたは知らないかもしれない彼のすべてが、彼がとても気に入って今あなたの歓楽の感覚で、その時あなたは甚だしきに至っては知らない彼の心の中は一体何を考え、依然として楽しんで言った一言ずつあいまいなら、彼の想像かもしれない表現の内容、期にできるある日、彼の本当の自分に告白;あの時彼はあなたに承諾して、あなたもできないため彼は実現しない約束失望して、かえってあなた達が想定しているかもしれないから、手を踏んで金色の砂の上に横たわって、肩を並べて柔らかいの芝生の上でのびのびして、一緒に歌っている共同お気に入りの歌……

あなたの生相手のガス、何か考えない恐ろしい現実を飽きないお互い、あなたたちは確定していないで何の関係も、君にしてみれば相手はそんなにの貴重な甚だしきに至っては高嶺の花をささげ持って、一緒にこのように自分に属するの玉、うっかりしてそれが他の人に奪い去られあるいは落ち地上。そんな感じは本当に得も言われぬように待っている1粒の靑りんごだんだん熟してようcompany incorporation

しかし、は全ての人に適して赤いリンゴを食べ、それは本当に成熟になったかもしれない、赤な、あなたはそれをいとわ甘かったさえ面っぽい。まるで靑の愚かな私達はいつも自分の速く成長して、彼との関係にはもっと大人に確定して、しかしすべてすべて望み通りましたが、銅鑼灣 髮型屋二度と戻って当時のあのような感じ。  


Posted by 浪漫刺客 at 15:34笑顔相見
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人
プロフィール
浪漫刺客